« 【冬眠からやっと目覚めて…日連アルプス】 | トップページ | 【真名井北稜でシロヤシオ見物】 山バス情報168 »

2018.04.30

【アカヤシオを求めて…赤城山へ】 山バス情報 167

Akagi_arayama0148


【山行日】 2018年04月29日(祝)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
八高線某駅  - 05:25 高麗川 (JR八高線)
高麗川 05:29 - 06:50 高崎  (JR八高線)
高崎  06:53 - 07:07 前橋  (JR両毛線)

「バス」
前橋駅   07:32 - 08:05 富士見温泉 (関越交通 600円)
富士見温泉 08:10 - 08:30 箕輪    (関越交通 750円)

「歩行」
箕輪バス停 08:40 - 09:35 荒山高原 
荒山高原  09:45 - 11:00 荒山 (棚上十字路経由)
荒山    11:20 - 12:00 荒山高原
荒山高原  12:10 - 12:50 鍋割山
鍋割山   13:25 - 15:25 大河原バス停

「バス」
大河原   15:47 - 16:00 富士見温泉 (関越交通 380円)
富士見温泉 16:05 - 16:35 前橋駅   (関越交通 600円)

「鉄道」
前橋  16:52 - 17:08 高崎 (JR両毛線)
高崎  17:12 - 19:06 新宿 (JR湘南新宿ライン)
新宿  19:11 - 19:57 八王子 (JR中央線)
八王子 20:26 - 八高線某駅 (JR八高線)

Akagi_arayama0050
                  (荒山高原への登りで…間に合った♪)


 今年の春はお彼岸を過ぎた途端に急に暖かく(暑く)なったこともあって、南関東のアカヤシオは既に盛りを過ぎて終盤~落花との情報がリンク先など各サイトから伝わっていました。 しかし、あのあでやかな色のツツジを見たいとの思いは捨てがたく、GWでも間に合いそうな場所でハードではないコース、ということで選んだのが、赤城の荒山・鍋割山のコース。

 まったくと言っていいほど同じコースを11年前の6月に歩いているのですが、違うのは行きのバスと帰りの林道歩きの部分だけ。もちろん、咲いていたお花も違うのですが、11年前は6月の初めでさえ、アカヤシオの咲き残りが見つかったので、ここなら何とかお目にかかることができるだろうという目論見でした。

 11年前と違って、今は4月から赤城山へ行く直通の急行バスが、前橋駅から出ているので、これを利用しても良かったのですが、さすがにGW前半の中日では混雑しているだろうと思い、富士見温泉で乗り継ぐ一本前のバスで行くことに。。。朝一番の八高線さえ捉まえられれば、直通バスより1時間早く歩き始めることができます。ただし、富士見温泉で一旦下車して再度別のバスに乗り継ぐ関係上、運賃は直通バスに比べて割高になります。

Akagi_arayama0002


 予想通り、バスは空いていたので、この運賃の割高を補うべく(笑)、車内で群馬共通バスカードを購入します。5000円のカードなら6000円以上利用できて、関越交通の他、永井運輸、日本中央バス、群馬中央バス、群馬バス、上信電鉄(バスのみ)でも使用できますので、当面SuicaやPASMO導入計画がない上州のバスではこれが一番お得でしょう。

 なお、バスのアナウンスでもありましたが、車内は飲食禁止です。朝御飯を行きの交通機関の中で…と考えている方は注意して下さい。また、バスのアナウンスで、もうひとつありましたが、富士見温泉ふれあい館は、現在休業中。山の帰りに汗を流したい方は、前橋駅前にあるゆ~ゆをご利用下さいとのことでした。

 富士見温泉で乗り換え、箕輪で下車。すでに標高1000mほどありますが、日射しが強いせいかそれほど涼しい感じもしません。ゆっくり身体をほぐしてから、姫百合駐車場を通って赤城ふれあいの森入口を見送り、舗装道路を渡った先にある荒山高原入口から歩き始めます。

Akagi_arayama0009
(荒山高原入口)

 最初は、赤城にしては珍しく(?)カラマツの植林帯でお花もほとんどありませんが、高度を上げて行くにしたがって、カタクリがお目見えしたりして、もう終わっていると思っていただけに、これは嬉しい誤算です。あまり綺麗な形で開花した個体が無くて、それが少し残念だったのですが、荒山高原が近づいてくるあたりになると、ぽつぽつと遠くにアカヤシオも見えてきて、さらに綺麗に花びらを反らせたカタクリも見つかって嬉しい気分になります。

 見覚えのある荒山高原に上がると、周囲は開けて、これから登る荒山もあとで登る予定の鍋割山もよく見えて、歩き始めて小一時間(コースタイムは40分(笑))経過していたこともあって、スポーツドリンクでひと息入れることにします。


Akagi_arayama0064
(トウゴクミツバツツジも咲きはじめていた)


 休憩後、山肌にアカヤシオと思われる赤い模様が見えてはいましたが、荒山へ直接登る尾根ではなく棚上十字路の方から関東ふれあいの道を通って遠回りに荒山へ上がる径を今回も選びます。が、こちらは、最初にトウゴクミツバツツジの早咲きが見られたほかは、アカヤシオはたまにポツンポツンと登山道から離れたところで見掛ける程度。しかも花付きもあまり好くなく、今年はやっぱり裏年なのかな~という感じで歩いて行きます。休憩舎のある小沼(この)方面との分岐まで、花をつけたアカヤシオの木は3本か4本程度。両脇は笹の原で、地面のお花もスミレ以外ほとんど無い状態でした。

 そんな状態でしたから、些か失望気味に荒山へと向かったのですが、休憩舎から荒山までが実はこの日のハイライトでした。グイグイと高度を上げていく急登ですが、最初は枝分かれした先で半分花が付いていない樹があったものの、高度計が1500mを指すようになると、アカヤシオの樹も増え、登山道のすぐ脇にもアカヤシオが現れてゴキゲンです。
 
Akagi_arayama0107
(やっと近くで目にすることができた)

 青空に映えるこの薄桃色の艶やかな花の写真を撮りながらですから、急登も苦になりません。まだ蕾をつけた樹もあったので、おそらくはGWの後半でもそこそこ楽しめるのではないかと思います。

 展望地を過ぎてしばらく登ったところで、今度は何とシャクナゲが見つかりました。蕾も少なく、完全に開花したものはなかったのですが、中にひとつだけ雄しべを見せた花が見つかりました。シャクナゲを見るのは随分久しぶりですが、ここにもあったとは…とこれは嬉しいメッケモンでした。

Akagi_arayama0130


 更に登っていくと、アカヤシオが今を盛りと咲いていて、花付きは今ひとつとはいえ、今日はここまでやって来て良かった良かったと頬も緩みます。頂上直下や頂上のアカヤシオはまだ蕾の数の方が多い樹もありましたので、とにかくアカヤシオが見たいという方はGW後半にどうぞ♪

 アカヤシオの撮影ばかりしていたこともあり、山頂着は11時(笑)。少し早いですが、お腹も減ってしまったので、ここでランチタイムにします。展望もなく樹林に囲まれてはいますが、まだ蕾の多いアカヤシオを眺めながら、おにぎりをほおばりました。

 昼食後は荒山から尾根づたいに荒山高原に戻る道を行きます。ここは最初が急坂ではありますが、その後はゆったりした展望の良い笹原の尾根下りになります。この尾根自体はアカヤシオの樹はそれほど多くはないのですが、ここから左手に見える山腹がアカヤシオのピンクにところどころ染まっているのは、見ていてため息が出ます。


Akagi_arayama0217
(遠くから眺めるのも佳い…)

 近くで青空をバックに見るアカヤシオも好いのですが、こうして遠目にアカヤシオを眺めていると、「赤城山の赤はアカヤシオの赤」ではないかと本当に思ってしまいます。

 高度を落として前方の鍋割山が姿を現してくると、まもなく荒山高原です。荒山高原近くのアカヤシオは花びらの周りが既に変色して落花しているものもあり、標高差が300mほど違うだけで、「蕾半数」 と 「終盤(落花)」 と、同じ花でも随分様子が違ってくるものだと改めてその差に驚いてしまいます。

Akagi_arayama0189
(頂上付近)

Akagi_arayama0238
(荒山高原手前)


 荒山高原に戻ったのはちょうど正午の12時。天気も好くGWらしくノンビリくつろいだ家族連れのハイカーが思い思いに憩っているこの感じもなかなか好いものです。水分を補給してひと休みしたら、鍋割山へと向かいます。

 鍋割山は荒山高原から見ると標高差80m弱とは思えないぐらい大きく見えますが、登ってみればたいした登りでもなく、ところどころに散見される花の名前や樹の名前のプレートを見ながら登っていけば苦にならない程度です。ベンチが現れ、目の前に手前の竈山が姿を現せば、その後はなだらかなアップダウンで眺めの良い尾根径です。

Akagi_arayama0263
(竈山へ…)

 一番奥のピークが鍋割山で、頂上は多くの登山客で賑わっています。時刻は13時10分前。調べてきたバスの時刻を見れば、大河原発のバスは14:12の次が15:47。 14時のバスは今から間に合わせるのはちょっとキツイですし、この先の岩場の急下りを考えると危険です。16時前のバスは時間が余りすぎてしまうきらいもありますが、これだけ気候の良い時節ですから、この鍋割山頂で長めのティータイムにしてノンビリ時間を過ごせば良いだけのこと。ゆっくりお湯を沸かしてのティータイムにしました。

 幸い風の方もそれほど強くはなくて、むしろ日射しが強くて暑いぐらい。山頂でここまでの山行きを反芻しつつぼんやりしていれば、30分ほどの時間は過ぎてしまい、少し早めに着いてしまうかも知れないけれど、ゆっくり行けば好いだけのことと13時半前に腰を上げて下山にかかります。

Akagi_arayama0281
(鍋割山から下山…最初は気持ちの良い笹原だが…)

 見覚えがある眺めの良い笹原の径を下っていくとしばらくで樹林帯に入り、その先から結構な急坂が続きます。こんなに急な岩場だったっけ?という感じで、それでも貪欲にイワ場なのだからとウチワやカガミを探しながら、本当にスローペースで下っていきます。これだけゆっくり下れば転落もないだろうとは思いますが、やはり急傾斜だと慎重になります。

Akagi_arayama0286
(ロープもある、かなりの急傾斜を下る)

 結局ウチワもカガミも葉っぱさえ見つからず、時折足もとには小さなスミレが見つかるぐらいで岩場を終え、また笹原の径に入れば、ヤマツツジやサラサドウダン(?)は蕾の状態でスタンバイ。
 更に高度を下げていくと、日射しが強く暑さが厳しく感じられるぐらいになって、上では蕾だったヤマツツジがぽつぽつと咲きはじめ、下の方は満開に近くなっています。トラバース道のようになってしばらくで、登山口に到着。頂上からの経過時間は相当ゆっくり下ったのですが、1時間ほどでした。

Akagi_arayama0300
(サラサドウダンではないかとおもう…)

 最近のエアリア(山と高原地図)では、昔はあり得なかった登山口から大河原までの車道歩きのコースタイムが載っていますが、前回と違い、今回はこの図示されているコース通りの道を辿ってみましたが、やはりというか、この40分というコースタイムではよっぽど早歩きしても難しい気がします。おそらく実際に歩いてコースタイムを出したのではなくて、距離から換算したのでしょうが、実際に歩いていないのであれば、コースタイムを表記するのは寧ろやめてもらいたいものです。

 私の場合、疲れてゆっくり歩いたせいもありますが、1時間弱かかりました。登りで50分というのも実際に歩いて出したのではないでしょうが、70分ぐらいは見ておいた方が良い気がします。

 ただ、このゴルフ場の裏側を通る舗装道は、交通量も少なく、この季節、ヤマツツジと新緑が目を楽しませてくれるので、長時間の歩きもさほどは苦になりませんでした。途中ゴルフ場越しに、先ほどまでいた鍋割山の山頂が姿を見せたりして、あそこからあんな急な坂を下ってきたのか…と感慨深い思いもしました。

Akagi_arayama0327
(道だけでなく花も人工的な感はあるが…)

 大河原のバス停に着いたのは、山頂からほぼ二時間後の15:25。バスがやって来るまで20分ほどありましたが、水筒の水を飲み干し、アミノバイタルを補給して、筋肉をクーリングすべくストレッチなどして、時間を潰しました。

 やってきたバスはさすがにGWだけあって、ほぼ席は埋まっており、富士見温泉で乗り継いだバスは何と席数が更に少ない新型バスだったため、立たされるハメに(笑)。

 さらに高崎での連絡が悪くて八高線は1時間待ち(苦笑)。すぐに湘南新宿ラインが来るので乗ったものの、埼京線の川越乗り入れが中止との報が入り、新宿まで乗って中央線で帰宅しようとしたのですが、結局八王子でタッチの差で八高線に乗れず(笑)、とどのつまりは、1時間待ちの八高線で素直に帰るのと変わらない帰宅時間になってしまいました(笑)。単線で高麗川以北は未電化の八高線は連絡さえよければ素晴らしい鉄道路線なのですが(笑)…。まぁ、八高線にGWだけ臨時を走らせることもないでしょうから、これからもうまくつきあっていくしか無さそうです。。。

|

« 【冬眠からやっと目覚めて…日連アルプス】 | トップページ | 【真名井北稜でシロヤシオ見物】 山バス情報168 »

コメント

ゴン太さん、こんにちは。

そちら方面は行ったことがありませんが、アカヤシオを楽しめるのですね。何かの機会に一度行ってみたいと思います。八高線へのアクセスはゴン太さんほど良くないので、行ける範囲は限られますが。

エアリアのコースタイムの不備は、小生も何回か経験しました。早くても遅くても良いのですが、一貫性が重要だと思います。一人の人が自分の足で歩いたのならば、ある程度一貫性があるので、自分の足と比べて推測が可能ですが、どうもそうではないようですね。ゴン太さんの言われるように、距離と高度差くらいでタイムを計算しているのかもしれません。昔は不明瞭でヤブがあったりなどで時間がかかったが、今はヤブも刈られて歩き易くなっているのに、昔のコースタイムを変えていないと思われるような個所もあります。その点、昔のガイド本は著者が実際に歩いて書いているので、手作り感があり、今読み返しても参考になります。エアリアも毎年改訂版を出しているようですが、一枚千円も取るのだから、もう少し真面目に改訂してもらいたいものです。

帰路の八高線は、おっしゃる通り、高崎での接続は考慮されていないようですね。上野東京ラインなど便利になっているので、JRの言い分としては、そちらを使ってくれということでしょうか。でも八高線の一人掛の座席に座って高崎で買った駅弁を食べながら帰るというのも捨てがたいと思います。

投稿: AKIO | 2018.05.01 17:04

 AKIOさん、こんばんは。コメントどうもありがとうございます。

 赤城はツツジを気軽に楽しむには佳い山だと思います。アカヤシオだけでなくシロヤシオ、トウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、それに何と言ってもレンゲツツジまで見られるのが素晴らしいです。

 西上州や榛名と比べると、ファミリー向けに過剰整備されたきらいもありますが、前橋発のバスを利用すれば、暑い時期でも標高1000m以上から歩き始めることができて快適です。
 朝の直通バスは08:45に前橋に行けばよいので、私は世田谷時代よく利用していました。ただ、往復の交通費がかなりかかってしまうのが難点(笑)かもしれません。

 エアリアのコースタイムですけれど、とくにこの「赤城・皇海・筑波」で顕著なのが、登山道のコースタイムがかなりゆるめなのに、車道歩きの部分になると途端にタイト、というより、絶対無理(笑)なタイムになってしまうのです。
 
 これはバス利用者にとっては、赤城とは言ってもバスの本数自体少ないのですから、かなり酷な状況に追い込まれるので、「歩いて出したタイムでないならむしろ書かないで欲しい」とあえて厳しい苦言を呈しました次第です。おっしゃるとおりで、1080円も取るのですから、改訂して新しく付け加えたデータぐらいは、少なくとも正確を期して欲しいものですよね。

 帰路の八高線は、これから何度も利用して、このパターンなら待って乗る、というのを身体化していくしかないと思います。
 おっしゃるとおり、帰りが遅くなりそうなときなどは、あの一人掛けの席さえ確保できれば、高崎で駅弁を買って優雅に夕食(笑)は捨てがたいですよね。湘南新宿ラインのグリーン席という手もありますけれど、グリーン券で、ビールなら二本、ちょっとしたワインとか買えちゃいますし、気動車のエンジン音を聞きながらのディナーはいっぺん味をしめると癖になりそうです(笑)。

投稿: ゴン太 | 2018.05.01 21:42

こんにちは。

荒山のあたりは自分にはレンゲツツジの山というイメージですが、結構アカヤシオも多いのですね。

今年の春は何度か八高線に乗りましたけど、やはり気動車が小海線に乗っているような気分ですし、乗り心地も電車とはまた違っているのが良いですね。
対面の二人席に一人で座ると確かにお弁当広げたくなります。

投稿: リブル | 2018.05.03 07:31

 リブルさん、こんにちは。コメントどうもありがとうございます。

 荒山のアカヤシオですが、エアリアで休憩舎と書かれている方から右回りに登っていくと、アカヤシオ帯の中を登っていく感じです。

 ただ、その部分を除くと、アカヤシオはたまに登山道から離れたところにポツンポツンという感じでした。

 レンゲツツジも見られるのが赤城の好いところですよね。新坂平のバス停を降りたところなどは一面レンゲツツジですし、南関東ではなかなか見られないので、そういう意味でも赤城はお気に入りの場所になっています。

 八高線はおっしゃる通り、本当は二人席ですね。実際には一人掛けのように使われていて、あれは対面にせずに、ひとつ方向だけにすれば利用効率も上がっていいのに、とよく思います。

 八高線とは言いながら、気動車区間があるために、八王子と高崎を直通で走る列車がないわけですが、それがまたかえって旅情を生み出している感じで、小海線もそうですが、乗っていて楽しい路線ですね。

投稿: ゴン太 | 2018.05.03 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【冬眠からやっと目覚めて…日連アルプス】 | トップページ | 【真名井北稜でシロヤシオ見物】 山バス情報168 »