« 【上信電鉄に乗って…四ツ又山から鹿岳】 山バス情報93 タクシー情報15  | トップページ | 【いにしえの峠道を訪ねて…荒倉山】 山バス情報94 »

2009.01.02

【あったか♪ 元旦鋸山軽ハイキング】

Ura_nokogiri29


【山行日】 2009年1月1日(元旦)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
新宿  05:44 - 06:52 千葉 (総武線各駅停車)
千葉  06:57 - 08:25 保田 (内房線)

「歩行」
保田駅 08:40 - 09:50 林道口
林道口 09:55 - 10:40 鋸山三角点峰
三角点 10:45 - 11:05 鋸山展望台
展望台 11:25 - 12:15 浜金谷駅

「鉄道」
浜金谷 12:33 - 13:52 千葉 (内房線)
千葉  13:57 - 14:35 東京 (総武線快速電車)
東京  14:40 - 15:09 新宿 (山手線)

Ura_nokogiri107
(展望台から海の向こうに富士山と南ア ちと苦しいが…)


謹 賀 新 年
今年も宜しくお願いいたします

元旦は、私の場合特にすることもないし…ということで、毎年体調と天気さえ好ければ山に出掛けていますが、今年は思いのほか18きっぷの消化が進まず、どこにしようか悩んでいたのですが、そういえば、このサイトを始めてから一度も行っていない房総にお散歩がてら久しぶりにでかけてみようか…ということになりまして、選んだのがこの裏鋸山コースとも言える、鋸山の三角点を踏むコース。

多くの人は知らないだろうとは思いますが、ガイドブックに載っている鋸山ハイキングコースは、展望台の東にある329.5mの三角点峰を踏まずに地獄のぞきで恐い思いをして、スリル満点だったよ!と某寺に拝観料を納めて帰ってくるように紹介されているのですが、私としては個人的に山に登るためだけにお寺さんに拝観料を徴収されるのは愉快ではありませんし、すぐそばにある三角点を踏まないで帰ってくるのも少々物足りないものがあります。


Ura_nokogiri13


そこで選んだのがこのコース。鋸山の林道口まで林道をえいこら登り、尾根伝いに歩いて三角点を通過。そのあと鋸山の展望台で展望を楽しんだあと、お寺と反対側の観月台へ石切場経由で降りて浜金谷駅に向かうというものです。

千葉県の山 (新・分県登山ガイド)には、私が歩いた登りのコースが「鋸山・裏鋸山」と紹介されているコースに、山慣れた人向け、という感じで紹介されていますが、特に慣れていない方でもじゅうぶん歩けるぐらい、指導標もコースも整備されており、地形判断力や読図力も要りません。ただ、人は少なく、某お寺+観月台のコースに比べたら歩く距離も時間も長くなります。ちなみにこの日は尾根に上がる林道口の登山口までは登山客には会いませんでした。

林道口の登山口までは指導標もあり、林道の一本道ですから迷うこともないでしょう。さきの分県別登山ガイドでは保田駅から林道口まで2時間見積もっていますが、ゆっくり歩いても一時間半で着くはずです。

尾根にはいるとすぐに自然林に変わりますが、常緑樹が多いせいか、この季節でも緑のトンネルを抜けるようで、いまだにここだけ冬が来ていない感じです。朝の電車は冷え込みがきつかったのですが、このあたりではもう暑さを感じるほど。

Ura_nokogiri64


急な登りも木の段がしっかり組まれていて、過剰整備といってもいいぐらい整備されています。三角点までは道に迷う心配はまずありません。三角点峰からは展望がありますが、富士山は見えないのが残念。

三角点以降も緑のトンネルは続き、冬枯れという感じが全くないまま電波塔などのピークに寄りますが、現在では電波塔からは樹木に遮られて富士山はよく見えません。注意点は電波塔に立ち寄った際、巡視路を降りてしまわないように気をつけることです(電波塔に行っても展望はたいして好くないので寄らない方が好いかも…)。

やがて新展望台と言うところにいくと、さすがにここは大展望が広がっています。大島、富士、南ア、丹沢山塊などなど、海越しに見る展望もたまには好いものですね。

Ura_nokogiri113


元旦とはいえ、さすがに観光地だけあって、お昼が近づくにつれこの展望台に上がってくる人数も増え、早めのお昼を済ませた私は、早々に下山開始。あんまり早く降りるのもなんだしと石切場にも寄ってみましたが、それでも浜金谷には12時半前の到着。

浜金谷からは、隣に麗しき女性でもいたら(笑)フェリーに乗って帰るのも好い案なのですが、やはり18きっぷシーズンですし、ここは十数分後に来る内房線で帰ることにしました。

久々に訪れた房総の山、このあいだ北関東で寒風に吹かれた身には、食事中パーカーを脱いでいてもぽかぽかと暖かなのはありがたいことでした。たまにはこういう軽ハイキングも好いものだ、そんなことを考えながら、冬の陽を浴びてきらきらと光る海を眺めながら帰途につきました。

|

« 【上信電鉄に乗って…四ツ又山から鹿岳】 山バス情報93 タクシー情報15  | トップページ | 【いにしえの峠道を訪ねて…荒倉山】 山バス情報94 »

コメント

あけまして おめでとうございますぅ(=゜ω゜)ノぃょぅ

なんだよ~~!千葉へ来るなら言ってよ~~!
麗しき女性が(爆)ベランダから手を振ったのに~~(笑)…ウチ、電車から見えるんだよん(^^ゞ

冗談はさておき。
裏鋸へ行ったのですねぇ。さすがっ!!渋いなぁ~
車力道の辺りは、2年前だったかな?
道の整備をしたみたいで…その新しく出来た道を通ったのでしょうか??
地獄のぞきの1つ後ろの山と言うか?丘と言うか?海が見える所通った??^^;
その時に出来た新しい看板は…私も見ていますが。
裏鋸への道があったとは~~よく見てない証拠ですね^^;

富士山と南ア、ばっちり見えてるじゃない(^_-)
千葉県から南アって遠いから、ちょっち感動もんでしょ?(笑)
ゴン太さん、今度来る時ね、保田駅ゴールにすれば人口泉だけど温泉入れるよぉ。
それと、麗しき女性とのフェリー代が浮いたら(笑)ご飯も食べられるからね~ココ(^^)
安い、美味い、大盛!(笑)お魚好きの男性にお勧め~(笑)
HP書いとくから興味あったら見てみてね。

ばんや
http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/oshokuji/oshokuji.html
たしか、千葉県の分県ガイドの欄外に載ってた様な…?

最後に。今年もよろしくお願いしますねっ(^_-)-☆

投稿: れれちゃん | 2009.01.03 17:44

ゴン太さん、こんにちは。
今年もよろしくお願いしますね。

千葉とは珍しいですね、って、このblogが始まってから初めてでしたか。千葉の山はやはり暖かいですね。

あのコース整備されたのですか。前はダンプカーが走ると書かれていたので敬遠したのと、三角点から展望台もちょっと藪でしたけど。でも、ゴン太さんには、ちょっと物足りなかったのでは...。

投稿: リブル | 2009.01.03 19:45

れれちゃん、あけましておめでとう。
今年も宜しくお願いいたします。

うーんと、今回は車力道は通りませんでした。上から三つ目の写真、クリック拡大していただければわかると思いますが、この赤い実線通りに保田駅から浜金谷駅まで歩いたのですよ。

裏鋸の道(林道口コース)は、わりと最近整備されたって感じで、木の段や途中のベンチの木が結構新しいものでした。

南アは写真じゃちょっと判りにくいけれど、展望台からは、はっきりと白根三山が指呼できたぐらいきれいに見えていて、おっしゃるとおり、こんな遠くからも見えるんだと感動してしまいましたよ。

ばんや は、分県別の千葉県の山にも紹介されていて、どんなとこかな~と思っていたのですが、HPもあったのですね。そういえば保田駅に、ばんやと日本寺とを結ぶマイクロバスの停留所がありましたよ。

HPを見ると、入浴も500円と良心的だし、そうかぁ、今度行くときは、フェリーで浜金谷まで行って、保田の方に降りるように計画組んでみますネ。

投稿: ゴン太 | 2009.01.03 20:33

リブルさん、こんばんは~。
こちらこそ今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

1月だと千葉の山でも寒いと思っていたのですが、風が無くて陽差しが強ければ、寒さは全くと言っていいほど感じませんね。暖房が入っているはずの電車の中の方がよっぽど寒かった(笑)です。

リブルさんの鋸山レポも読みましたが、三角点方向の尾根道は、この数年で迷いようがないほど整備されたようです。指導標も駅からずっとついていますので、地形図も要りません。

確かにちょっと物足りない感じでもありますが、たまにはこういう軽いハイキングもいいものです。林相もいつもと全然違って面白かったし、もうお花が咲いている道端も房総ならではで、結構楽しめましたよ。

投稿: ゴン太 | 2009.01.03 20:45

ゴン太さん、初めまして。
こちらには、東野-三ヶ木のバスの記事で辿り着いて以後、山歩きの参考にさせていただいています。
鋸山の三角点を通る関東ふれあいの道の本コースですが、確か2006年の3月か4月頃に整備完了したばかりの新コースのはずで、当時の新聞記事で見かけて行ってみたのですが(フェリーなので、浜金谷-鋸山三角点の周回ルート)、まだ出来たばかりのせいか、鋸山の三角点や新展望台も余り人がおらず、静かなハイキングが楽しめた記憶があります。蛇足ながら、当時の写真を見返していて気づいたんですが、ここって一等三角点だったんですね。

投稿: Hikaru | 2009.01.03 22:16

ゴン太さん、明けましておめでとうございます。
千葉、だったのですね。
このお正月は穏やかな天気で山日和でしたね~嬉しいことです。
ばんやって何度かTVで見た事があります、有名なんですね~。
私も千葉は行ったことがないですので、機会があったらこのコース(無理かな)参考にさせて頂きます。

ちょっと前にやまなみ温泉を終点にしたくて三ケ木行きのバスを検討していて、
うまくいかないな~なんて思っていたら、ナントまたしてもこんな近くに良い情報源が(笑)
しかも読み直してみたらそこに初めて書き込みしていたワタシが(恥)

何かの縁を感じてしまいました、今年もよろしくお願い致します。

投稿: cyu2 | 2009.01.03 22:51

Hikaruさん、はじめまして。こんばんは♪
ようこそ、いらしてくださいました。

このコース、やはりきちんと整備されたのはここ2,3年のことだったのですね。おっしゃるとおり、私も新展望台に出るまでは静かな山歩きが出来ました。照葉樹の明るい道なので、冬枯れの径ばかり歩いていた私には、まるで春の道を歩いているようで気持ちがよかったです。

東野~三ヶ木のバスは接続などが判りにくいですよね。接続できるのかどうか不安で利用していなかったという話をよく聞きます。

こんなページが参考になっているなんて聞くと、管理人としても今まで続けていて好かったと思います。また遊びにいらして、気が向いたときにでも、お気軽に書き込みなどしていただけると嬉しいです。

投稿: ゴン太 | 2009.01.04 20:55

cyu2さん、こんばんは~。
今年もよろしくお願いいたします。

千葉の山がまだでしたら、このコースというか、鋸山近辺はオススメですよ。18きっぷ以外の時期でも、それこそフェリーや東京湾アクアラインを通るバスなどを利用して山登りできますし、温泉や海産物の美味しいお店が多いようです。

以前に実は一度千葉の山からフェリーに乗って帰ったことがあるのですが、浜金谷でサザエの壺焼きが目の前で焼かれていたりして、そういうのってやっぱりおいしさが全然違いますから。。。

がしがし登るのとはちょっと違うのですが、たまには軽く歩きたいな…というのにうってつけなのが千葉の山だと思います。

投稿: ゴン太 | 2009.01.04 21:05

>たまには軽く歩きたいな…というのにうってつけなの
>が千葉の山だと思います。
しかし、地形図なしでは、立ち入れないコースが、たくさんあります。気をつけてください。
(ほとんど勾配のない沢ばかりなので、等高線がミミズのように、
のたくっており、気がめいってくること請け合いです。)

投稿: もりたさとる | 2009.01.07 12:53

もりたさとるさん、こんばんは。

おっしゃるとおり、千葉の山は標高が低いぶん地形判断が難しいことが多いですね。そのうえ、その判りにくい地形が、林道で分断されていたりすると余計厄介です。

「鋸山や富山(とみさん)、養老渓谷などの千葉の山のメジャーコースは、軽く歩きたいときにはうってつけ」ですが、その他は確かになめてかかってはいけませんね。言葉足りず、すみませんでした。m(__)m

投稿: ゴン太 | 2009.01.07 19:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【上信電鉄に乗って…四ツ又山から鹿岳】 山バス情報93 タクシー情報15  | トップページ | 【いにしえの峠道を訪ねて…荒倉山】 山バス情報94 »