« 【奥秩父で避暑…瑞牆山と小川山 その2】 山バス情報85 | トップページ | 【18きっぷで猿ヶ京温泉】 山バス情報86 »

2008.08.19

【飯盛山で高原気分♪】

Meshimori129
(飯盛山より平沢山 左は八ヶ岳の裾)


【山行日】 2008年8月18日(月)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
新宿  05:53 - 06:31 立川  (中央線各駅停車)
立川  06:46 - 08:38 甲府  (中央線各駅停車)
甲府  08:53 - 09:43 小淵沢 (中央線各駅停車)
小淵沢 09:50 - 10:16 清里  (小海線)

「歩行」
清里駅 10:25 - 12:05 飯盛山
飯盛山 12:50 - 13:30 平沢峠
平沢峠 13:35 - 14:20 野辺山駅

「鉄道」
野辺山 14:47 - 15:21 小淵沢 (小海線)
小淵沢 15:44 - 18:08 高尾  (中央線各駅停車)
高尾  18:12 - 19:08 新宿  (中央線快速電車)

Meshimori72


今年のお盆休みは月曜日にお休みをプラスして、北アルプスに行くつもりで用意していたのですが、日本列島に前線が横たわっているうえに大気の状態が不安定とあっては、カミナリ様が何より恐い私としては出発する勇気が出ず、直前になってバスの予約を取り消してしまいました。
まぁ、その後の天気の経過を見る限り行かなくて正解だったようなのですが、グズグズしていたらお休みもあと一日というところになってしまいました。

飯盛山(めしもりやま)は一度登ってみたいと思っていたのですが、やはり飯盛山ごときにといっては失礼ですが、あずさを使うのももったいないし、普通列車の往復だけでも6000円以上かかってしまうこの山は、やはり18きっぷシーズンに行っておこうということで月曜日に出掛けてきました。

清里駅で降りると陽差しは夏のぎらぎらだけれどやはり涼しい! そしてさすが観光地。お盆が明けたとはいえ、ご覧のような↓混雑ぶりです。

Meshimori2


そして、改札を出てトイレを済ませ歩き始めると、飯盛山とおぼしき山塊はなんと、こんな↓ありさまです。

Meshimori7


ああ、今日はガスの中を五里霧中の飯盛山かいな、と来る途中に車窓からみた光景である程度予想していたとはいえ、ここまで分厚い雲に覆われているとさすがに少々がっくりきます。まぁ、18きっぷで安く済むから好いか…と雷様に遭わないことだけを願い、気を取り直して出発。

私のエアリアは99年のもので古いせいか、清里YHの右を回り込むようになっていますが、実際は左手を回り込むように進みます。川までは車道を下っていきますが、川を越えてからは登りです。YHを過ぎてからは要所に道標がありますので迷うこともないでしょう。ロッヂ飯盛山の左手を進んでいくとやがて土の道になり、自然林百パーセントの緑のトンネルの中を行くようになります。花も多く、なかなか楽しい道のりです。

Meshimori45


そんな道がしばらく続くと、やがて道は沢を離れて尾根に乗ります。と頭上に青空が…平沢山の方はどうやら晴れてきてくれたようです。ひょっとして飯盛山の方もこれから晴れてくれるとか…、そんな期待を胸に尾根を登っていくと、飯盛山も含め周囲のガスが完全に晴れて、飯盛山の山頂にいる人が肉眼でわかります。あぁ、こりゃなんてツイているんだろうと嬉しくなり、花の写真など撮りつつもややピッチを上げて登ります。

Meshimori57
(平沢山の尾根の上に青空が…)


山頂に到着しても、飯盛山はガスの洗礼をうけずにすみそうな雰囲気でした。残念ながら肝心の八ヶ岳は分厚い雲がとれず、その姿は赤岳や硫黄岳が時折姿を見せるだけでしたが、ここ飯盛山上空は朝のあの雲からは想像も出来ないほどすっきり晴れ渡っています。時間もちょうどよいので、ここでお昼にしました。

Meshimori123
(たまにこのぐらい八ヶ岳が顔を出した…)


八ヶ岳や奥秩父の2000m峰はガスっていて、先日登った瑞牆山もなかなかスッキリとはその姿を見せてくれないのですが、茅ヶ岳、御座山、荒船山など近隣の山はよく見えていました。無雪期なので自信はないのですが、おそらく浅間山と思われる山塊も見えていました。これから向かう平沢山のなだらかな稜線を眺めつつ、おにぎりを頬ばりました。

林間学校でしょうか、小学生の団体が登ってきて賑やかになってきたところで重い腰を上げます。平沢山へは花の写真など撮りながらのんびり稜線漫歩を楽しみました。平沢山は三角点を撮って素通り、滑りやすい道になってきたのでゆっくり下ります。

あっという間に平沢峠に到着。山交のバスが止まっていたので、あれ新路線?と表に回ってみたのですが、先ほどの小学生の団体バスでした。しかしこんなところが太平洋と日本海の分水嶺になっているなんて、表示を見て知ったのですがちょっとビックリでした。

平沢峠からしばらく下ると、長い車道歩きの始まりです。でもさすがに標高1300m以上あると車道歩きも涼しくて全然苦になりません。オマケにこんな↓ものを見ることが出来て、ちょっとこれはうれしかった。

Meshimori179


駅前のスーパーでビールを買い、日本最高の駅をしっかり写真に収めて、14:47発の夏の臨時列車に揺られて、ああこんな乗車時間が歩行時間の二倍なんていうふざけた山歩きもたまにはいいもんだよなぁと、じゅうぶん満足して帰宅しました。


|

« 【奥秩父で避暑…瑞牆山と小川山 その2】 山バス情報85 | トップページ | 【18きっぷで猿ヶ京温泉】 山バス情報86 »

コメント

ゴン太さん、こんにちは。
飯盛山へ行かれたのですね。あの山は本当に八ヶ岳の眺めがいい山ですよね。

飯盛山は自分にとっては小学生高学年ぐらいの時に登った思い出の山です。
両親と登ったその時は、山頂があまりにも眺めが良すぎてとても怖くて山頂に留まっていられず、半べそかいて早く降りようとせかして降りた思い出があります。
一度くらい冬の眺めのいい時に登ろうと思ってはいるのですが、それ以来、未だに登ったことがありません。

余計な話しになってしまいましたが、低山と言えども、やはりいい山はありますね。happy01

投稿: リブル | 2008.08.22 22:12

この山は私も昨年夏に18切符を利用して行きました。前日かずさんと湯ノ沢峠のお花畑を見た後、清里YHに泊まり、翌日ゴン太さんとほぼ同じコースを歩いたのです。
その日は八ヶ岳の眺めが良く、マツムシソウ他多くの花々に囲まれた登山道は快適でした。(お時間があれば私のサイトも見てください)

リブルさんも投稿しているように冬の展望のいい時期にまた訪れてみたいですね。

投稿: のぞむ | 2008.08.22 23:13

リブルさん、いつもコメントどうもありがとうございま~す。

子どもの頃の思い出のお山だったのですね。私はあまり山には連れて行ってもらえなかったのですが、小さい頃、母親の同窓会についていったときに浅間山の寄生火山に登った思い出があります。
私の場合は、ごうごうと音を立てる沢にかかった木橋を渡るのを怖がって、笑われた思い出があります。

八ヶ岳はあまり姿を見せてくれませんでしたが、あのたおやかな稜線がすっきり見渡せただけでもラッキーでした。私も冬晴れの時にもまた来てみたいと思ったのですけど、たぶん寒さが半端じゃないでしょうね(笑)。

投稿: ゴン太 | 2008.08.23 16:37

のぞむさん、こんにちは。

この山は青春18切符で登れる日帰りの山の中では、おそらくコストパフォーマンスナンバーワンでしょうね。

のぞむさんのレポ読ませていただきました。私もこの山に行ってみたいなとの思いが強くなったのがsanpoさんのレポを読んでからでした。

マツムシソウなど色とりどりの花が咲いていて、この山は確かに展望もよいのだけれど、お花もじゅうぶん楽しめる山なので、夏も捨てがたいと思ってます。もしかしたら18きっぷのシーズンにまた行ってしまうかも知れない(笑)。

帰りに私も野辺山高原ホテルで入浴しようかと考えたのですが、翌日から仕事だったのと、入浴料がいくらかわからなかったので、やめちゃいました。500円なら入ればよかった気もします(笑)。

投稿: ゴン太 | 2008.08.23 16:48

こんにちは。お久しぶりです。一年ぶりくらいでしょうか。
秋くらいから全く山を歩いていなくて、足がなまってしまいました。
川上村営バスは去年甲武信に行くとき乗りましたが、ダイヤがわかりにくいですね。
ないよりあるだけまだありがたいというものですが。

8/3、あまり暑いので涼みに、18きっぷと清里ピクニックバスを使って赤岳に登って来ました。
(コストパフォーマンスNo.1?)
清里駅 - ピクニックバス - 大泉清里スキー場 - リフト - 真教寺尾根 - 赤岳
(戻り同じ)
このスキー場の呼称が地図と微妙に違っていたりして、到着するか不安でした。
バスではありがちなことですが。
とにかくスキー場前で降りればリフトには乗れます。

リフトで1900メートルまで登れるので体力的には楽ですが、さすが赤岳、岩場が厳しい。
県界尾根はもっと厳しいとかで、シロウトの私にはまだまだ無理かなという感じです。
高山植物はシーズン過ぎという感じでしたが、チシマギキョウがたくさん咲いていました。

リフトは運行時間が16時までと短いので、帰りは歩いて下りにしてもよさそうです。
ピクニックバスは接続がものすごく悪く、行きは清里駅で一時間待ち、帰りはスキー場で一時間待ち、清里駅で列車一時間半待ち(晩飯とった)、更に中央線の夜の上りは最近ものすごく接続が悪くなり、小淵沢で50分待ち、甲府で三十分待ちと、結局帰るのは11時過ぎになってしまいました。

ほんとピクニックバスの接続は何とかしてほしいです。かなり使えるコースなのですが。
あと清里を久々に訪れたら、ミニ原宿とか悪名高かった駅前が、すっかり寂れていました。

投稿: nenemuu | 2008.08.24 22:44

nenemuuさん、こんばんは。お久しぶりです。

>(コストパフォーマンスNo.1?)

う~ん、確かにすごいコストパフォーマンスですが、普通の足だと赤岳は夜行でも使わないかぎり日帰りは難しいでしょう(笑)。nenemuuさんのような健脚だと権現も赤岳も日帰りできるのですね。絶対「シロウト」ではないと思いますよ(笑)。

ご指摘の川上村営バスなんですけど、まだ平成16年の旧バスダイヤがWEB上にあるので、注意しないと乗り遅れたり、バスがいなかったりということにもなりかねませんよね。削除するか、新しいダイヤの掲載ページにリンクを張るかしてほしいものです。

実は、川上村のバスダイヤ変更に気づいたのは、この3月から(?)小海線のダイヤが変更になったのに変わっていないはずもないだろう、ということで探し当てたのですよ。

それで思ったのですが、清里のピクニックバスの連絡が異常に悪いのは、まだ昔のダイヤのまま運行しているから微妙に小海線のダイヤとすれ違ってしまっているのではないでしょうかね。

投稿: ゴン太 | 2008.08.25 19:21

うちは中央線沿線なので、中野始発に乗れるというのも大きいです。
これだと小淵沢に7:24に着いて、朝の小海線もあまり待たなくてすみます。
清里からの日帰りコースは、マイカーの人には割とメジャーのようですね。
そういえば夜の小海線がやけに遅くなったなと思ったら、いつの間にダイヤ変わっていたのか。
天女山から権現岳方面にも使えそうなので、来年は改正してほしいですね。

投稿: nenemuu | 2008.08.26 21:29

小淵沢07:24!ですか~。いいなぁ。以前は立川05:24発に乗って小淵沢08:01着で小海線の8時台の列車に乗り継ぎでしたよね。私のところからはその電車も捕まえられなかったのですが、この春でしたか、時刻表を見ていたら8時台の小海線がなくなっていたので、あれ~と思っていたのですよ。

清里ピクニックバスは、う~ん、行政の走らせているバスというのはこんなもんなんですかねぇ。小海線のダイヤが変わったのに旧来ダイヤのまま走らせるなんて、民間では絶対ありえないことですがね(笑)。運転している人や利用者の声が届いていないのか、届いているのに無視しているのか、まぁいずれにしてもひどい話です。早く改正して欲しいですね~。


投稿: ゴン太 | 2008.08.27 23:03

ゴン太さん、こんにちは。
コメントが大変遅くなりました。
今見るとなんだか青空が懐かしいような感じがしてきますね。ついこの間なのに・・・
私もこの週末18切符でも使って出かけようかと思ったのですが、なんとなく天気が悪そうなので買わずにいましたら(オークションで)
やっぱり天気が悪くて行けませんでした、今週末も今のところ悪そうですもんね・・・
こういう形で18切符が使えない、なんていうのも珍しいかも?
いい加減スッキリと晴れて、と祈るばかりです・・・
洗濯物も湿っぽいし・・・

>乗車時間が歩行時間の二倍

18きっぷ使うとどうしてもそんな感じになっちゃいますよね。
オシリが痛くなっちゃう(笑)

投稿: cyu2 | 2008.09.01 16:22

 cyu2さん、こんな更新さぼりっぱなし、山サボリまくりのページにいつもコメントいただき恐縮です(笑)。

18きっぷ、おっしゃるとおりの悪天続きで、消化しきれず困り果ててしまい、とうとう昨日強引に温泉に行って使ってきたのですが、あきれるほど晴れてしまい、こんなんだったら、山行けたじゃん~との思いを抱えながら複雑な心境で帰京いたしました。

うーん、今週末晴れてくれるんでしょうかね~。もう元は取ったのですが、やはり使い残しよりは使い切り!たいですからね~。

というわけで、まもなくひさびさに更新の予定です(笑)。

投稿: ゴン太 | 2008.09.01 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【奥秩父で避暑…瑞牆山と小川山 その2】 山バス情報85 | トップページ | 【18きっぷで猿ヶ京温泉】 山バス情報86 »