« 【雪たっぷり…丹沢表尾根スノウハイク その1】 山バス情報78 | トップページ | 花粉が多いので… »

2008.02.14

【雪たっぷり…丹沢表尾根スノウハイク その2】 山バス情報78

Omote_one183


塔ノ岳の左に富士山が見える小平地で雪を踏み固めて、さてビニールシートを敷いてお昼御飯を食べようと思ったのですが、なんとビニールシートを家に置いてきてしまったようで、ザックのどこを探してもありません。仕方なくこれまで約10年間全く使わずにいた非常用のアルミ製サバイバルシートを出して広げてみました。

Omote_one156


これ、結構薄い割には断熱はしっかりしてくれて、さすがビバークに使えるだけあるなと感心しながらお昼をいただきました。目の前の塔ノ岳の山頂には尊仏山荘が見え、さらには頂上付近を行き来している登山者の姿もはっきりと視認できて、あそこじゃ落ち着かないだろうなぁ、なんて思っていたのですが、腹ごしらえを終えて実際に登ってみると、やはりというか、想像以上に人がたくさんいて、塔ノ岳山頂はこの雪の中ざっと50人ほど登山者がいました。お昼時ならともかく、もう13時半になろうとしているのに!です。

人の多さに半ば呆れながらも、ここからの展望は本当に素晴らしく、富士山はもちろん、南アは甲斐駒から聖まで見えておりました。逆光だったこともあって写真にはうまく収まらなかったのですが、肉眼ではっきりと各峰峰の名前を指さして言うことが出来るほどです。

空の青さも朝より好い感じになってきているし、展望は好いしで、もう少し長居してもよかったのですが、どうも人の多い山頂では落ち着かないのと、日の短い時期ということで、山頂は10分ほどの滞在で下山開始。

Omote_one195


金冷シへ降りる途中で滑ってしまって尻セードしたりしたこともあって、急降下の訓練所尾根(小丸尾根)はやめて、あまり気のすすまない大倉バカ尾根を降りることにしました。雪であの歩きにくい丸太もあまり気にならないのでは?と思ったのですが…やっぱり南向きの尾根です。急傾斜の斜面ではやはり雪が急に無くなったりして、そういうところはぬかるんで非常に歩きにくいです。

丹沢イチ人通りの多い尾根だけあって、その浸食ぶりは超一級(笑)。高度が下がって雪がないところを歩いていると、もうまさに泥沼の修行です。登山靴の傷みも他の尾根とは比べものにならないだろうなという感想。

長時間の歩行で疲れていたこともあって、堀山の家の他、花立山荘、見晴茶屋、大倉高原山の家でも小休止をしています。途中で一緒になった男性に「しかしイヤな下りだね~」としみじみ言われ、苦笑するしかなかったほど…。

Omote_one199
(大倉高原山の家より秦野市街を望む)

でもまぁ、ずいぶん久しぶりだし、懐かしい感じもあって、急いで降りる人にさっさと道を譲りながら、途中に何軒もある茶屋や小屋前で休憩しながらチンタラ下る分には、それほどヤな道でもありませんでした。

たどり着いた大倉のバス停は、話には聞いていましたが、きれいになったというか、すっかりソフィスティケートされちゃって、びっくりです。前に来たときは周囲の畑の風景の中にとけ込んでいたバス停だったのですが、いまやもう大倉バスターミナルですね。

Omote_one202


ちょうど発車間際にドンピシャで間に合って、もちろん、渋沢駅まではずっと立ったままでしたが、バスはともかく、そのあとの渋沢駅からの小田急線もずっと座れず、ここ数年そんな体験はほとんどしていなかったので、立ちっぱなしで電車に揺られ、手には缶ビールを持ったまま呑むことも出来ず(笑)、これは何かの間違いじゃないのかと思いながら帰途につきました。。。




その1に戻る

|

« 【雪たっぷり…丹沢表尾根スノウハイク その1】 山バス情報78 | トップページ | 花粉が多いので… »

コメント

ゴン太さん、こんにちは。

表尾根は蓑毛から歩くと本当に長いですね。さえぎるものがあまりないから、風さえなければ日差しをずっと浴びて比較的暖かいし、眺めもいいし、楽しいですね。

大倉尾根は本当に雪の後は泥だらけになりますね。スパッツを付けて歩かないとズボンが最悪な事に。でも、また歩きたくなっちゃうのはなぜなんでしょうね。

筋肉痛は大丈夫でしたか?自分は数日間、筋肉痛だった覚えがありますけど。

投稿: リブル | 2008.02.17 10:20

リブルさん、こんばんは。

おっしゃるとおりで、表尾根は稜線に上がってからが長いのですよね。アップダウンが十分すぎるほどあって、登り一辺倒の大倉尾根とはよい意味で対照的です。

大倉尾根は冬場は雪のあとでなくてもスパッツ必携ですね。スパッツ無しだったらズボンを一本台無しにしてしまうぐらいひどい泥です。でもそれ以上に気になったのは靴の方でした。高いお金を出して買った登山靴がかなり傷んだ感じで(泣)。帰ってからすぐに流水で泥を丁寧に落としたのですが、これがまた乾くまでにかなりの時間を要しました。

筋肉痛は今回は結構数日間残ってしまい、その後(歳のせいもあるでしょうが)膝にちょっと違和感が残ってしまって、この週末は大事を取ってお山をお休みしてしまうほどでしたよ。

投稿: ゴン太 | 2008.02.17 19:01

ゴン太さん、こんばんは。
丹沢の雪もすごいですね!でも天気が良くて気持ちよさそう!写真の雪を見ると、表尾根は思ったほど歩かれていないような感じに見えますね・・・
・・って行ったことないんですけどね(笑)

去年だったか?バス時間間違えてスタートが遅くなったとき塔の岳めざさなくてヨカッタです。後で知ったら私のレベルではとても行けないところでしたから。

大倉尾根、そんなに泥沼ですか・・・
実は近々初チャレンジしようと思っていたのですが・・・それじゃ無理かなぁ・・・
ホントに私、歩き方が下手で、ちょっとの泥でもすべりまくりだし、ズボンのすそは泥だらけだし・・・
でも春は混むんですよね?う~ん・・・

>ドカンというかゴロゴロというか、へんな音が聞こえるのは・・・
え?なんの音なんですか?どこかで何かが湧いてるんですか?九重山でもそんな音がずっとしていたんで?ドキドキ・・

投稿: cyu2 | 2008.02.17 22:19

いいなぁ、cyu2さん、今度は蔵王ですかぁ~。このあいだは九州だし、もううらやましすぎですよぉ。

蔵王のような樹氷モンスターつきとはいかないですが、丹沢にしてはすごい積雪でした。

大倉尾根は冬場はスパッツがないとしゃれにならないほど泥まみれになります。雪がなくても霜が溶けてグチャグチャになるのです。

表尾根って、途中にたくさんエスケープルートありますし、三ノ塔までだけって手もありますから、登りにとるのであれば、(急ぐのでない限り)こちらの方をオススメします。下りならこの前歩かれてらした訓練所尾根を降りた方がいいでしょうね。

どかんという、一瞬雷みたいに聞こえる音が表丹沢ではよく聞こえるのです。たぶん、富士山麓の演習場の音ではないかと思います。せっかく人が少ないコースを歩いていても、丹沢はどういうわけか他の山域に比べてよく聞こえてくるので、そういうときはものすごく興ざめなのです。

投稿: ゴン太 | 2008.02.18 19:36

いえいえ、ゴン太さん、私ら力がないから初心者でも楽しめる山探しに大変なんですよ~(笑)蔵王は全く山を知らない人でも楽しめるんですね、行って良かったです。

そうでしたか。昨日カキコしてから、あ、もしかして猟銃?と思ったのですが(それも違うよ~!)確かに演習場の音ですね、きっと。
バイクの音も興ざめですが、それはもっときますねぇ。

う~ん、やっぱり泥だらけですか。
う~ん、う~ん、どうしよう・・・despair表尾根は無理っぽいし・・悩む~。

投稿: cyu2 | 2008.02.18 22:35

小田急の駅で発売している、丹沢・大山フリーパスBは今回、利用しなかったのですか?
今回程度のバス利用でも、焼きそばパン1個くらい、安あがりになりますが…

投稿: もりたさとる | 2008.02.19 16:33

cyu2さん、大倉尾根、まだ歩いたことないのでしたら、一度歩いて、その評判の悪さを、自分の足でしっかり認識してみるというのもいい経験かもしれませんよ(笑)。

スパッツつければ、まぁ、ほとんどズボン自体は汚れないでしょうから…。

とりあえず登りにとってみるとか…。

演習場の音は何回か丹沢に行けば必ずや聞くことになると思います。遠くで雷が鳴っているようにも聞こえますから、爆弾の音には聞こえないかもしれません。

投稿: ゴン太 | 2008.02.19 19:19

もりたさとるさん、いい質問です(笑)。

確かに最初からこのコースと決まっていたなら、Bきっぷを買っていたと思います。

しかしながら、文中にもあるとおり、できれば丹沢山まで行きたかったので、その場合は大倉に戻るのではなく、堂平の方へ降りて林道歩き(宮が瀬から帰宅)のつもりでした。

そんなわけで、はじめからお得なきっぷを買うのは今回は見送っていたわけです。バス共通カードも持っていましたし、それほど大きな違いもないだろうと、そう判断した次第です。

投稿: ゴン太 | 2008.02.19 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【雪たっぷり…丹沢表尾根スノウハイク その1】 山バス情報78 | トップページ | 花粉が多いので… »