« 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その1】 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その3】  山バス情報67 »

2007.08.14

【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その2】

Amigasa_gongen59
(西岳から権現岳と鞍部の青年小屋を望む)


不動清水で補給した水は3リットル。ずしりと身体にその重みが応えます。

少し落ち着いて考えたところ、西岳までのコースタイムの計算違いは1時間半弱。標高差を考えれば、こんな計算ミスをする方がどうかしているのですが、いずれにしても、日が暮れる前に青年小屋に着けることはまず確実なので、焦ってつまらない怪我をしたりしないように、それだけを十分自分に言い聞かせて登り始めます。

不動清水で冷やしたはずの身体ですが、やはりすぐに汗が噴き出てきます。ストックを二本出して、えっちらおっちら。プロトレックの表示が300m上がるごとに休憩をとりました。どうやら300m上がるのに45分ほどというテント装備にしてはなかなか好いペースで登れて、西岳にはコースタイム2時間40分に対して、花の写真も撮りながら休憩込みで2時間25分というなかなかの好成績(笑)でした。

Amigasa_gongen62

しかし、やっぱりテント装備でこんなにしゃかりきに登ると、きりのいい場所に着いたときに疲れがどっと押し寄せてきますね。西岳に着いた頃にはからだ中のエネルギーが天空へ抜けてしまったような感じでした。

西岳ではまだ編笠山がはっきり見えていたのですが、東の方(奥秩父方面)から入道雲が押し寄せてきて、なにやらゴロゴロとよろしくない音も聞こえてきて、ろくに展望も楽しめず、のんびりできないまま青年小屋に向かうことに…

Amigasa_gongen68

源治新道は、八ヶ岳らしい雰囲気の径で、ああ、八ヶ岳に来たんだなぁ、とこのとき初めて実感しました。想像していたよりアップダウンもないまま乙女の水の水場に到着。もうみんな夕餉の水汲みにやってきていました。テント張る場所あるかなぁ…と心配しながら着いたテント場は、もう10張り以上のテントが張ってありましたが、まだまだ十分にスペースがあり、整地された好い場所を確保。

Amigasa_gongen73


でも八ヶ岳のテント代ってやっぱり高いですね。800円! ビールは一本だけにしたのですが、ここでまた2枚、貴重な千円札が減ってしまって、残りは…
なんてこったい! 万札があるのにこんなに心細いってどういうこと?と半ば自嘲しながら、あともう一回テント張ってビール三本飲むと、千円札が消えちゃうナと確認…

ここらで、身体の疲れ具合と千円札の在庫状況の双方から、赤岳越えてもう一泊のプランは変更とほぼ心が決まってしまいました。考えてみれば、火曜からまた出勤だし、その前に洗濯やテント干し&シュラフ干し、それに買い物や掃除もしないといけないしと、とても山に来て考えるようなことではないことも考慮(笑)されてしまって、疲れた身体で、アルファ米が炊きあがるまでの時間、エアリアとにらめっこしながら、翌日の下山プランを考えました…。

夕食後、まもなく風が強くなってきたな、と思うと一気にガスってきたところで、トイレに行って就寝。横になっていると、あれれ、なんだか喉がいがらっぽいな…、もしかして風邪ひいた? これでもう一気に弱気になって、もう一泊するのはやめて翌日帰京することにほぼ決定。

夜は、みんないっせいに早めに寝てしまったのか、たいてい一組はいる「おしゃべりテント」もなくて、おかげさまで2時近くまで熟睡していたようです。「疲れてるのに全然眠れない、どうしよう」とずっと困っている夢を見てました(笑)。

夜は満天の星空。4時に起きたときもまだかなりの星が瞬いていました。風がけっこう吹いたのですが、簡単にパンと紅茶でミニ朝食。5時過ぎに、サブザックで編笠山に向かいました…。

Amigasa_gongen75
(早朝五時の青年小屋前より)

その1に戻る


その3に続く

|

« 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その1】 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その3】  山バス情報67 »

コメント

ゴン太さん、こんにちは。

編笠、権現でしたか。自分も去年、信濃境駅から歩きましたけど、ゴルフ場までは長いですよね。テント泊のザックの重みがずっしりときた覚えがあります。不動清水は本当に手が切れるくらい冷たくて美味しい水でしたね。乙女の水はそれ以上に美味しいですけど。

あそこのテン場、いつから値上げしたのか知らないけど、500円が棒線だったか×点だったかで消されて800円になってましたね。ちなみに行者小屋のテン場は2年前で千円と超高いテン場です。たぶん変わってないと思います。

しかし、ビールは小屋で買うと高いですよー。自分は3泊したけど焼酎500ml持って行ってビールは1本買っただけで済ませました。我慢した分、美味かったかな?(笑)

重さと酔える割合でいくと、ウィスキーが効率的ですね。最近の日本のシングルモルトタイプは2000円しないぐらいで買えて結構美味しいですし。こないだ山用品屋でプラスチックタイプのスキットルを見掛けました。量も結構はいるし、値段もそんなに高くなくてお勧めですよ。

投稿: リブル | 2007.08.15 11:04

リブルさん、こんばんは~。

いいなぁ、今度は北アですか~。わたしも行きたいよ~。
へへ、でもそっちの天気がすごく好かったのは知ってるんですよ。なぜかというと、このあと、編笠山に登るときに、北アルプス、端から端まで全山くっきり見えてたから(笑)。


不動清水、乙女の水、ともに美味しいですよね。本当に冷たくて、水量も十分すぎるぐらい…。お水だけでじゅうぶん「ごちそう」って感じですよね。

それから、八ヶ岳のテント場はおっしゃるとおり高いですね。青苔荘も前世紀の時点で800円だったし…。まぁ、甲武信小屋の300円みたいに安くしろとはいわないけれど、1000円は ぼっ○くりですよね~。

ビールはこの時期に1本というのは、私にとって「大英断」(笑)なんですよ。夏は2本か3本。秋でもたいてい2本買います。避難小屋の場合は担ぎ上げますけど、営業小屋前でテント泊の場合は、高くてもそこで買います。理由はやっぱりテント装備は重いので、少しでも荷を軽くしたいから…

私、実はウィスキーと焼酎って普段から飲まないんですよ。もちろん、人から勧められれば絶対断りませんけど(笑)。
ビール以外では、缶チューハイか、そうね、やっぱり日本酒がイチバンかな。小屋で日本酒おいてあると、ついふらふら買っちゃったりします。

投稿: ゴン太 | 2007.08.15 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その1】 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その3】  山バス情報67 »