« 【また夏の低山へ…甲東不老山から権現山】 山バス情報66 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その2】 »

2007.08.13

【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その1】

Amigasa_gongen195
(三ツ頭付近より権現岳)

【山行日】 2007年8月11日(土)
      2007年8月12日(日)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
新宿  05:18 - 06:13 高尾   (中央線各駅停車)
高尾  06:14 - 08:32 信濃境  (中央線各駅停車)

「歩行」

☆一日目☆
信濃境駅 08:45 - 09:15 国見山登り口
登り口  09:20 - 10:25 鹿の池
鹿の池  10:30 - 11:25 不動清水
不動清水 11:45 - 14:10 西岳
西岳   14:20 - 15:20 青年小屋 (テント泊 800円)

☆二日目☆
青年小屋 05:10 - 05:30 編笠山
編笠山  05:40 - 06:00 青年小屋
青年小屋 06:55 - 08:15 権現岳
権現岳  09:00 - 09:40 三ツ頭
三ツ頭  09:50 - 12:00 1725m付近の広場
広場   12:45 - 13:10 天女山
天女山  13:15 - 14:12 甲斐大泉駅

「温泉」
甲斐大泉温泉
『パノラマの湯』 14:18 - 14:55 (700円)

「鉄道」
甲斐大泉 15:07 - 15:22 小淵沢 (小海線 臨時列車 ハイブリッド)
小淵沢  15:46 - 18:20 高尾  (中央線 各駅停車)
高尾   18:35 - 京王線某駅   (京王線)

Amigasa_gongen81
(早朝の編笠山より)

11日の土曜と13日の月曜が会社のお盆休みとなったので、テントで高山に行く機会ができました。天気は上々のようだし、東京にいたら死ぬほど暑い…お金がなくてもこれは高いところへ出掛けるしかありません。

プランでは当初、山梨百名山北端3山を一気に制覇する予定…すなわち、一日目に編笠山の往復をして青年小屋テント泊、二日目は権現岳から赤岳を越えて行者小屋か赤岳鉱泉でテントに泊まり、三日目に帰京するつもりでした。

ところが、いろいろありまして、結局、編笠山と権現岳、山梨百名山2山を一泊二日で巡るへたれ縦走に降格(笑)… それでもやはりこの時期の2500m稜線は爽快。展望・お天気ともに申し分なく、十分夏山気分を満喫できました♪



前回の18きっぷは指定券自動券売機で購入していたので、今回も朝、新宿駅で買えばいいやと、前日まで購入せずにいたのですが、これがそもそもの間違いの始まりでした。

朝、5時過ぎの自動券売機って1620円までのいわゆるフツーの自動券売機は動いていて、これでホリデーパスなんかも買えちゃうのですが、指定席も扱う自動券売機は動いていないんですね。。。もちろん、みどりの窓口も5時半まで開かないし、5時半まで待っていたら、鈍行で信濃境に着くのは予定よりかなり遅い時間になってしまいます。

仕方なく、手元の小銭で130円だけ買って予定の中央線に乗車。まぁ、帰りの電車を高尾乗り換え(京王線帰宅)にすれば、それほど運賃に差があるわけでもないし、5回分今から使い切るのは難しそう、ということでこの時点で18きっぷの購入はあきらめました。

Amigasa_gongen2

信濃境の駅に着いて精算に万札を出したら、「こまかいのないですかね~」と、ここで二つ目のパンチ。あぁ、地方のローカル駅ってこうなんだ…忘れてた。
んでも、山の中って万券嫌がられますからね~、とくにテントだとまず受け取ってもらえない(笑)。大事な千円札が3枚減ってしまい、これじゃ、帰りのバスに乗れないかも~(笑)とかなり弱気に。
130円の切符でも万札で買ってお釣りをもらうべきでした。自動販売機は「こまかいのないですかね~」なんて絶対言わないし。


えてして、こういうふうにスタートで躓くと、その後の経過はよろしくない、というのがお決まりのパターンなのですが、ご多分に漏れず私の場合も、道を間違えたわけでもないのに、ゴルフ場まで1時間30分というコースタイムのところ2時間もかかってしまったり、更にその先の西岳までのコースタイムを間違えて計算していたことに気づき、とても予定していた時間には青年小屋には着けないし、夕方までに着いたとしても、編笠山の往復は難しそうだということが不動清水で発覚(笑)。

Amigasa_gongen20
(スキー場付近より西岳と編笠山…この時点でもう11時前!)


まぁ、エアリアの車道歩きのコースタイムって、あんまり悪く言いたくないけど、実際に歩いて計測したとは到底思えないようなのが多いので、鵜呑みにした私も悪かったのでしょうが、それにしてもそのあとの登山道のコースタイムが妙に正確だったので、もう少し改善して欲しいなぁ…
いや、ゴルフ場まではタクシー使うべきですね、それほどお金に困っていなければ…歩いていてもあまり面白くない径ですし…信濃境の駅を降りてすぐのところにタクシー会社もあります。

不動清水までの道でずいぶん車道を歩かされたので、コースタイムの見積もり間違いは肉体的にも精神的にもかなり参ってしまいました。かなり動揺していたのか、不動清水では水を大量に確保するのに夢中で、不動清水の写真を撮り忘れてしまうほど。

Amigasa_gongen39


けれども、この不動清水、本当に冷たくって美味しい水です。身体を冷やすために頭からも少し浴びたのですが、、ちょっと寒気がしてしまうほど冷え上がりました。

あまりお腹は減っていなかったのですが、ここから始まる急登のためにも、心を落ち着けるためにも、ということで、軽く昼食を口にしました。

あと、不動清水で、もろきゅうをごちそうしてくださったご夫婦様。とても美味しかったです。あれでだいぶ落ち着けたのです。どうもありがとうございました!
m(__)m


その2に続く

|

« 【また夏の低山へ…甲東不老山から権現山】 山バス情報66 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その2】 »

コメント

ゴン太さんは八ヶ岳だったのですね

わたしもブログをはじめる前、権現&編笠行きました
友人が車を出してくれたので、今回のゴン太さんのような苦労はなく
日帰りでした。


ゴン太さん、続き~ が いよいよ山登りの本番ですね

波乱含みの前半、今後の展開が楽しみです  
 
(^-^)

投稿: ba_sobu | 2007.08.13 21:13

ba_sobuさん、こんばんは。

雲ノ平の楽園めぐり、楽しく読ませていただいてます。

車で早朝から登ったとしても、編笠と権現の二つを日帰りとはすごいですね。結構ハードだったのではないでしょうか。
観音平から周回?されたのでしょうか。

私の方の、2004年の雲ノ平二泊は全然豪勢でもなんでもなくて、テントだと二泊しても千円札一枚です。前の日の急登で膝を痛めて雲ノ平でぶらぶらしてて、高天原温泉に行けなかったという情けないおまけまでついてます。

その1で、登山道にはいるところまでじゃ、その2で終わるかどうかギモンなので、この記事に「前編」とは書けなかった次第でして(笑)、続きでどこまで書くのか私自身まだ見当がついてませんが、追ってアップする予定です。

投稿: ゴン太 | 2007.08.13 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【また夏の低山へ…甲東不老山から権現山】 山バス情報66 | トップページ | 【やっと夏山へ…編笠山~権現岳 その2】 »