« 【林道地獄… 稲含山】 山バス情報48 | トップページ | 【元旦から「あぼーん」 茅ヶ岳・金ヶ岳】 タクシー情報9 山バス情報50 »

2006.12.24

【鉄な山旅… 荒船山国境越え】 山バス情報49

Arafune_shoya102
(本当に真っ平らな荒船山の稜線)


【山行日】2006年12月23日(祝)

【使用公共交通機関等の詳細】

「鉄道」
新宿  05:56 - 06:05 池袋  (山手線)
池袋  06:11 - 06:20 赤羽  (赤羽線)
赤羽  06:26 - 08:02 高崎  (高崎線)
高崎  08:14 - 09:14 下仁田 (上信電鉄:1080円)

「バス」
下仁田駅 09:25 - 09:47 三ツ瀬 (下仁田町営バス:400円)

「歩行」
三ツ瀬バス停 09:55 - 10:25 登山口
登山口  10:35 - 11:20 中の宮
中の宮  11:30 - 12:10 艫岩(ともいわ)
艫岩   12:55 - 13:35 経塚山(荒船山最高地点)
経塚山  14:05 - 14:55 荒船不動
荒船不動 15:05 - 16:00 初谷(しょや)バス停手前

「親切な方の車」
初谷バス停手前 16:00 - 16:15 中込駅近くの交差点

「鉄道」
中込  17:01 - 17:32 小海 (小海線)
小海  17:34 - 18:40 小淵沢(小海線)
小淵沢 18:48 - 20:33 大月 (中央線)
大月  20:49 - 22:19 新宿 (中央線快速)

Arafune_shoya79
(艫岩から浅間山を望む)


稲含山からどんよりした曇り空の下とはいえ、荒船山のあの雄姿を見てしまった以上、登らないわけがありません(笑)。エアリアやバス時刻表などを見ているうちに、18きっぷの時期にぜひやってみたい面白いコース取りを見つけてしまい、実行してみました。

公共交通機関を使って山を歩くとき、一番面白いのは、山越えをしてその山の向こう側に降りてしまうことだと私は思っているのですが、上州の三ツ瀬(下仁田)から荒船山を越えて信州は佐久側の初谷(しょや)=黒田へ降りてしまうというルートはその醍醐味を十分に味わえそうです(鉄道だけで考えても東京→埼玉→群馬→長野→山梨→神奈川→東京と、1都5県を通過するので、18きっぷのうまみも充分味わえます)。

Arafune_shoya5

この日は土曜とはいえ祝日だったので、下仁田駅から市野萱へ向かうバスが30分ほど早く出てくれますが、三ツ瀬バス停を歩き始めたのは10時前。平日や土曜の8:30発のバスは私のところからは現時点のダイヤではタッチの差で乗れないので、なんとかあと5分出発を遅らせて下仁田8:33着の乗客を拾って欲しい(笑)と思います。

三ツ瀬には荒船山山頂まで2時間との看板がありますが、よっぽどの健脚でなければ2時間は無理ではないでしょうか。

登山道はよく整備されており、西上州入門者でも問題なく危険箇所もありません。稜線上では霜柱が融けてぬかるんでいましたので、スパッツは必携。またこの日は経塚山(荒船山最高地点)への上りで積雪が見られ、少々凍結部分もありましたので、下りでは念のため軽アイゼンを使用しました。4本爪でいいので、携行しておくことをお奨めします。

Arafune_shoya122
(経塚山=行塚山ではきれいな霧氷が見られた)

展望は冬晴れということで、あわよくば北アルプスもと期待して行ったのですが、トモ岩からの展望はというと、浅間山はくっきりきれいに見えていたものの、北アルプスどころか、谷川岳も見えず、むしろ前回の稲含山の方が曇っていたけれどよっぽどよく見えた、という感じでした。
それでもやはり冠雪した浅間山はかっこいい。個人的には富士山よりも好きです。

今回の目的はもうひとつあって、それは艫岩の近くにある避難小屋の下見です。東北や東京近郊の山の避難小屋は書籍などで、現在ではかなり詳しいことがわかるのですが、この荒船山の避難小屋は情報がなく、マイカー登山が盛んな西上州となると利用者もいなくて小屋が荒廃しているのでは、と心配していたのです。。。

Arafune_shoya94
(荒船山避難小屋)

さすがに少し老朽化してはいますが、トイレ(女性用が閉鎖中でした)とあずまやもあり、中は、きれいに使われています。一杯水のほか、稜線上にも水場がありますし、食糧や寝具などを担ぎ上げる労を厭わなければ宿泊にも使えそうです。もちろん暖房器具などないので真冬の使用は厳しいとは思いますが…

星尾峠から荒船不動尊への道は整備され傾斜もほどよく非常に歩きやすい径でした。初谷(しょや)のバス停に早く着きすぎると寒くてつらいだろうと、意識して遅めに歩いたのですが、それでも35分ほど。急げば20分で下れるのではないでしょうか。

Arafune_shoya159
(信州側から見た兜岩山)


後方に聳える兜岩山や信州側から見ると上州側に比べて低く見える荒船山の姿を見ながら荒船不動からの車道を、これまた意識的にゆっくりのんびり歩いて初谷のバス停に向かいましたが、コースタイムを5分ほどオーバーしただけで初谷バス停がすぐそこに見え、腕時計を覗いて「ああ、バスまで1時間もある。どうやってこの寒空のなか時間を潰そうか」と頭を抱えたところで、車が停まって「どちらまで行くのですか?よかったら乗っていきませんか?」とのお言葉♪

その男性は今日は山ではなかったのですが、ときどきスニーカーでも登れるような山に登っているという方でした。その男性が一足早いクリスマスの天使様に見えてしまったことは言うまでもありません。 

車に乗せて頂いたおかげで、当初予定していた小海線には1時間半以上早く乗れ、午前様の帰宅予定時間も余裕で当日中に帰宅でき、本当に感謝感激雨あられでした。
<(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>

そんなわけで、初谷から中込駅へのバス(千曲バス)はバスの写真も停留所の写真もありません。その代わりといってはなんですが、帰りの大月駅で時間があったので、富士急山梨バス大月営業所年末年始ダイヤのお知らせをゲットしてきました↓ので、よろしければ参考にしてください。

Arafune_shoya176
(クリック拡大可:12/29 12/30 1/4 は休日ダイヤでの運行)


☆☆☆ 追記 ☆☆☆

あとから気付いたのですが、今回の帰りのルート、18きっぷの時期以外なら、中込駅から電車でなく高速バスを使うという手もあります。

これだと、電車より安くて、帰京時刻も(渋滞さえ無ければ:笑)ずっと早くなります。
下仁田からの帰りにも使えますネ♪

|

« 【林道地獄… 稲含山】 山バス情報48 | トップページ | 【元旦から「あぼーん」 茅ヶ岳・金ヶ岳】 タクシー情報9 山バス情報50 »

コメント

ゴン太さん、こんにちは。

今回も西上州でしたか。荒船山はいい山ですね。そんなにきつくもないし、眺めもいいですよね。自分も初谷鉱泉の方に降りてみたかったですが、バスがなかなかないので覚悟がいりますね。

しかし、今回も車に乗せてもらえて良かったですね。私なんか、長い林道歩きでも何台も追い抜かされて一台も止まってもらえなかったです。やっぱり人徳ですよ。(^^)

投稿: リブル | 2006.12.25 20:39

リブルさん、こんばんは。

荒船山は、見てよし、登ってよしですね。トモ岩への最後の登りも「胸突き八丁」という感じではなく、浅間山を右手に眺めながらの楽しい登りでした。

初谷のバスは平日だと15:59というのがあって、これだとちょうどいい感じですよね。

人徳じゃぁないですよ。たぶん、腕時計を見ながら背を丸めていたその後ろ姿があまりにわびしくて(笑)、同情を誘ってしまったのでしょう。

私と違ってリブルさんは元気よく歩いているので停まってもらえないのかもしれませんよ。今度、車に乗せてもらいたくなったら、ためしに背中に哀愁を漂わせてみてください。きっとうまくいくと思います(笑)。

あ、それから、こちらの方こそ弟子入りさせてください。師匠と呼ばせていただきたいのは私の方です(笑)。今回の山行もリブルさんのレポ、参考にさせていただきました。
m(_ _)m


投稿: ゴン太 | 2006.12.26 19:40

ゴン太さん、こんばんわ。
また西上州だったのですか。うまく周回してぴったり戻るというのは確かに気持ちいいけど、おっしゃるとおり山越えこそが山歩きの醍醐味だと思います。そう言う意味でも18きっぷのシーズン、普段はお金のかかるこういう所は確かに狙い目ですね。ちなみにボクは毎回毎回ほんの少しお得ぐらいで終わってしまってます。(^^ゞ

帰りの中央線、実はゴン太さんの一本前で帰っていました。なので大月には降りられなかったので、富士急バスの正月ダイヤが非常に有り難かったです。

投稿: komado | 2006.12.26 23:22

komadoさん、こんばんは。

西上州に行きながらも、富士急大月のバス情報を拾ってくるなんてエライでしょ(笑)、って、実は、大月駅でビールの追加を買おうと思ったら、売店がもう閉まってたもんで、駅を出たところのデ○リーヤマ○キに行こうとして、ふと目に入っちゃったんです。

18きっぷは私のところだと大月の往復(1280円×2)だけでも、一回分のモトがとれちゃうんですけど、やはり普段交通費が高すぎて敬遠しがちなところに行くようにしています。でも「浮いた分だ!」などとついつい強気になってタクシーを奮発しちゃったりして、ありゃりゃ、お金使いすぎちゃった(笑)なんてことも。。。

私の場合、山を歩いているときだけじゃなくて、電車に乗っている時間も山旅の一部なので、そういう意味でこのきっぷはとてもありがたいのです。小海線とか乗ってるときってホント幸せな気分(笑)なんです。

投稿: ゴン太 | 2006.12.27 19:53

ゴン太さん、こんばんわ^^

18きっぷだと~少しでも遠くへ!元は絶対とらねば~みたいな使命感?ありますよねぇ(笑)
遠く行けば行くほど、帰りが苦しくなる~~この切符うまく出来てるよねぇ^^;

またまた、群馬ですか。前回、荒船山見てしまったから、行きたくなっちゃいましたか~?(笑)
艫岩からの浅間山~手前は浅間隠よね?←自信無し^^;
谷川が見えなかった…と言うと、妙義は?見えなかったの?

地図を見ないで言ってるので、間違えたら悪いのですが^^;
星尾峠から荒船不動尊~ゴン太さんは西へ降りたんですよね?
荒船不動尊分岐から植林多そうだな~って覗き込んで見た覚えがあるの^^; 道どうでしたか?
私達は分岐を見送り南下したのですが…(当時)地元の郵便屋さんに聞いた所、星尾峠方面は迷う人が多いらしいです。

男は哀愁…女は??(爆)
運使いまくってますね~ゴン太さん。これじゃ、宝くじ当たりませんよっ(笑)

投稿: れれちゃん | 2006.12.29 23:30

れれちゃん、こんにちは。

はは、運を使っちゃっているのは承知しているので、年末ジャンボは買ってません(笑)。まあ、宝くじ当たっちゃったりしたら、アプローチに新幹線とタクシー使って、18きっぷなんて買わないだろうし、テントもやめて食事つきの小屋泊まりばかり…っていうふうになるだろうから、「山とバス」もすごくイヤなサイトになっちゃう(笑)。

あ、そういえば、れれちゃんには私の後ろ姿、ばっちり見られてたんですよね。ひょっとして全然哀愁漂ってなかったかな?(笑)

写真の浅間山の前に見えるピークは浅間隠ではなくて御場山(物見山の北東にあるピーク)だと思います。荒船山から見ると、浅間隠は浅間山の北東奥に見えるはずなんですが、でも鼻曲山に隠されてよく見えないんじゃないかな、と思います。稲含山からだと鼻曲も浅間隠もはっきりとわかったのですが、この日は遠望がきかず、妙義さえもうっすらボケてました。

荒船不動尊分岐からの道は歩き易い道でなかなかよかったです。植林といってもカラマツが主なので、ヒノキや杉の植林みたいな陰気な感じは全然無くて、自然林もほどよく混じってなかなか好ましかったですよ。もっとも30分ですぐに不動尊に着いてしまいますので、そこからは車道歩きになりますが。。。

投稿: ゴン太 | 2006.12.30 13:01

>「山とバス」もすごくイヤなサイトになっちゃう(笑)

(* ̄m ̄*)ぷぷっ
それはそれで、そーいう眼で見ますので~(笑)
今日は31日~現在これ、あれ、それの世界ですぅ(爆)

>私の後ろ姿、ばっちり見られてたんですよね。

あったり前ですがなぁ^^;
哀愁~?!あの時、全然背負ってなかったじゃない^^;
ほら~言ったでしょう。
その人の歩く背中を見れば、性格判るって^^
「山の中にいると楽しい~」って背中が言ってましたよ^^

うっ…やっぱし(爆)
今まで、浅間隠だと思ってたよ~損した^^; 聞いて良かった。
カラマツ&自然林の混合林なんですね。車道は…南下してる途中で見えてたの。すぐ車道だと言うのは、大よそ見当ついてました。

今年最後のゴン太さんのコメント、お腹かかえて笑っちゃいましたぁ^w^;
来年も楽しませてね~(笑)山とバス…オイオイ。そういうサイトじゃないって?^^;

投稿: れれちゃん | 2006.12.31 21:47

れれちゃん、あけましておめでとうございます。今年もダメ生徒ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

山とバス、今年ものっけからやってしまいました。
あいかわらずのズッコケぶりを笑ってやってください。
哀愁の漂うかっちょいい中年ハイカーにはやっぱりなれないようです(笑)。

山座同定は、私もあまり自信無いんですよ。でも登ったところだと何故かよくわかりますね。かずさんやkomadoさんの山座同定が正確なのは、やはり登った山がたくさんあるからなんじゃないかな、と、よく彼らの記事を読みながら感じます。

「山にいると楽しい」って背中が言ってました? でもそうなると私って背中で語ることができる???って違うかー、やっぱり(笑)。

投稿: ゴン太 | 2007.01.02 09:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96617/13189822

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄な山旅… 荒船山国境越え】 山バス情報49:

« 【林道地獄… 稲含山】 山バス情報48 | トップページ | 【元旦から「あぼーん」 茅ヶ岳・金ヶ岳】 タクシー情報9 山バス情報50 »