« 【源次郎岳キリガ尾根から嵯峨塩鉱泉】 山バス情報47 | トップページ | 【へっぽこRFで迷走 水野田山から棚横手】 »

2006.11.19

【冬枯れと紅葉と... お坊山のんびりハイク】

Imgp0339

【山行日】2006年11月18日(土)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
新宿 05:18 - 06:13 高尾 (中央線各駅停車)
高尾 06:14 - 07:12 甲斐大和駅 (中央線各駅停車)

「歩行」
甲斐大和駅 07:20 - 07:50 景徳院入口
景徳院入口 08:00 - 09:30 大鹿峠
大鹿峠   09:50 - 10:30 お坊山手前ベンチ
ベンチ   10:50 - 11:05 お坊山
お坊山   11:20 - 11:35 お坊山手前ベンチ
ベンチ   12:00 - 12:57 棚洞山
棚洞山   13:15 - 14:08 林道に降りる
林道    14:10 - 15:00 笹一
笹一    16:50 - 17:00 笹子駅

「鉄道」
笹子 17:07 - 18:21 高尾 (中央線各駅停車)
高尾 18:33 - 19:16 新宿 (中央特快)

Imgp0392


一緒に山を歩きませんかっていう話になったのは、実は11月の3連休の前のことでした。私の仕事の都合(土曜出勤:笑)で3連休ではなかったり、先週末は体調を崩してしまったりで、のびのびになっていたのですが、今週やっと、れれちゃんとノンビリお山を歩いてくることができました。

行き先は私が頑迷に笹子周辺を主張(笑)し、初顔合わせで私が病み上がりということもあり、のんびり歩けそうなところ、ということで、上記のように笹子雁ヶ腹摺にも寄らないお坊山だけ、という手抜きコースです(笑)。

甲斐大和駅で待ち合わせしたれれちゃんと景徳院入口まで車道を歩き、収穫したばかりの白菜が並ぶ民家の前を通って鹿猪除けの柵をくぐると登山道になります。氷川神社の手前で振り返ると黄金色に輝く山塊がみえました。このときはどこの山か全く判らなかったのですが、帰ってから地図などで見たところ、古部山から派生した尾根の1030.8三角点峰(水野田山?)あたりのようでした。

Imgp0329


最初は植林帯ですが、すぐに自然林の好ましい径に代わってゆきます。非常にゆっくりしたペースで登っていきますが、れれちゃんは「このペース歩きやすいよ」などと言ってくれるので、調子こいてマイペースで歩かせてもらうことに。

送電線がクロスする地点で少し休憩したあと、終わりかけた紅葉を見ながら少しずつ高度を上げていくとやがて大鹿峠に着きました。ベンチがあるのでまた休憩(笑)です。歩いている間もいろいろ話しながらですが、休憩中もおしゃべり。寒くてつらくなるころようやく腰を上げるというような感じだったので、本当にゆっくりのんびりです。

お坊山目指して再び登り始めると、周囲はもう冬枯れというかんじの木々の佇まい。途中、れれちゃんがヤマカマスの繭を見つけて教えてくれました。「カマスって知ってるよね」「うん」「繭の形がカマスに似ているからヤマカマス」「へええ」「羽化するとき繭を食い破って出てくるんだって」「食い破ってかぁ、すげー」

Obou008
(ヤマカマス 写真提供=れれちゃん)

れれちゃんはお花だけでなく山のことをいろいろ知っているので一緒に歩いていると本当に勉強になります。この日はさらに、ワラビの見分け方を教わりました。しかし、出来の悪い生徒=ゴン太くんは、このとき、カマスをてっきり魚のカマス(梭子魚)だとばかり思い込んでいました(笑)。

お坊山手前の小ピークにベンチがあってここからは滝子山が綺麗に見えます。当然ベンチがあるのでまた休憩しておしゃべり。寒くなってきたので、とりあえず目の前のお坊山に行ってみると、ザックを置いた男性が休んでいました。その男性に近づくと,,, あれえ?リブルさんじゃない? こんなところで逢うとは!とお互いびっくりです。山頂で南アルプスの展望など少し楽しんだあと、戻ってさきほどの滝子山が見えるベンチで3人でお昼御飯にしました。

曲沢峠まで歩いてから笹子へ向かうというリブルさんと別れて、東峰への径に入ります。東峰には立派な新しい標柱が建っています。そして、ここから尾根通しにいくのだとばかり思っていたのですが、径はエアリアで微妙に表現されているように、尾根筋につけられているのではなく尾根を縫うように蛇行します。傾斜の緩い歩きやすいところにつけられた径の道形ははっきりしており、落ち葉をガサゴソいわせながら足任せに下っていきました。

棚洞山は巻くように道がつけられているのですが、薄い踏み跡をたどって登ってみました。棚洞山には東峰同様真新しい標柱が建っていますが、ここからはお坊山東峰の端正な姿が見えてなかなか気分がよいので少し休憩しました。

Imgp0364
(棚洞山から望むお坊山東峰)

棚洞山から高度を下げていくとそれまでの冬枯れから徐々に紅葉の美しい落ち葉径になってきます。それまで見えていた滝子山の紅葉が恨めしいほど美しかったので、ようやくこちらも色づいた径になってくれて少し溜飲が下がりました。

このお坊山南東尾根道は予想に反して赤テープなどのマーキングの類が全くなく、落ち葉が多いとはいえ道形もはっきりしているので、すっかり気を抜いておしゃべりに夢中になりながら踏み跡を足任せに下っていくうち、入道山の手前でどうやら、エアリア赤破線からはずれたらしく(笑)「あれれ植林になっちゃったね」などと脳天気なことを言っていると道証地蔵のすぐ下の林道に降りてしまいました(大笑)。

そこからは車道を歩いて笹子駅ではなく笹一へ(笑)。1時間もコースタイムが長いリブルさんはすでに到着していて、すでにかずさんと美酒を酌み交わしています。私とれれちゃんも美酒に酔い、takigoyamaさんにもお会いして楽しいひとときを過ごしました。

Imgp0416


帰りの電車では、私とれれちゃんとリブルさんで山の話や東北の話、タクシーの話など話が尽きることもありません。そしてカマスの勘違い(おさかなではなく塩などを入れる袋=叺:かます)に気が付いてしまったのもこの時でした(笑)。

尽きない話はついには新宿の居酒屋まで持ち越され、楽しい2次会でビールで再び盛り上がりを見せてしまう始末(笑)。帰宅は深夜になってしまいました~♪


「追記」:れれちゃん、ヤマカマスの美しい写真をお送り頂きありがとうございます! スペシャルサンクス♪です。

|

« 【源次郎岳キリガ尾根から嵯峨塩鉱泉】 山バス情報47 | トップページ | 【へっぽこRFで迷走 水野田山から棚横手】 »

コメント

ゴン太さん、こんばんわ^^

先日はお世話になり、楽しい1日をありがとうございました♪
お約束のカマス(笑)
書かなかったら、突っ込み入れなきゃあ~と思ってましたヨ。ゴン太さんってばエライなぁ~ちゃんと書いて(笑)
まぁ、自分も、魚のカマスを忘れてたのを棚に置いて(笑)「どこら辺が魚のカマスに似てるのよー!」って、よくもまぁ言えた事^^ゞ
ゴン太さんの苦し紛れの言い訳は、ポイント高かったなぁ~(笑)

上る時も酒の話題で、下りる時も酒の話題(笑)おまけに帰りの電車の中でハシゴ酒の相談(笑)1日終わってみたら、酒に始まり酒で終わった様な。。。それって気のせい?(笑)
今日は~~山と酒どっちメイン?・・・・酒♪♪♪(爆)

投稿: れれちゃん | 2006.11.20 00:58

>入道山の手前でどうやら、エアリア赤破線からはずれたらしく

間違った所って、真っ直ぐ行く道と左に折れる道があった所??
木で通行止めしてあった手前だった・・かなぁ。忘れた^^;
でも道良かったし~最後良ければ全て良し♪だよ~
・・・って、脳天気じゃダメかな?^^;

投稿: れれちゃん | 2006.11.20 01:09

れれちゃん、こんばんは。

えー それじゃあ、私が飲んだくれの中年ジジイみたいじゃないですか〜(笑) え?違うの?って言われると何も言えないですけど(笑)。

確かにね、この時期だけは笹一があって、山は笹一にあわせるわけだからぁ(笑)、どっちがメイン?て言われるとねー。てへへ。

それでもまあ、あれだけ美味しいのは、れれちゃんも賞味済みなわけだから、理解できなくはないでしょう?

カマスは、まあ、許してやってくださいな。できの悪い生徒をもった先生の運命ですから、手のかかるアホの受け持ちになっちゃったと諦めてくださいまし。

偉そうにお昼休みに、コンパスの使いかたを説明してた割には誰かさん、しっかりコースを外してしまいましたね(笑)。

でも、あれだけ道形はっきりしてたんだから、ご愛嬌ってことでいいんじゃないですか? 悪場にハマったわけではないので、良しとしましょうよ。

またいつか機会つくって、できの悪い生徒に山のこと花のこと教えてやってくださいね。

投稿: ゴン太 | 2006.11.20 19:21

ちは~。茶髪のおにいさんです。(爆)
楽しい一日をありがとうございました。

紅葉は今ひとつでしたか。滝子山方面と随分違うのが不思議ですね。

あれ、道を外しちゃったんですか。古い資料を見ると、昔はまっすぐ尾根を降りるとヤブだったみたいだから、山頂方面から左の支尾根に出て、林道に降り立つのが結構正解だったようです。きっとその踏み跡に誘われちゃったんですね。

また、ぜひ、山も飲みも行きましょう。

投稿: リブル | 2006.11.20 21:44

ゴン太さん、こんばんわ

今、地図見ました。
ホントだぁ~間違えたんだ^^;
滝子山への指導標は、ホントは見ちゃいけなかったんだね^^;
でも~最後の急坂を逃れただけ、いいよねぇ(笑)

先生なんて…そ、そ、そんなぁ…(((^^;
私の山の楽しみ方、少しでもお解かり頂けたでしょうかぁ^^;
お花が無い今の季節、いつもあんな感じで歩いてるのですよ~

是非♪機会作って誘ってぇ~~また一緒に遊びましょうね^^ 

>茶髪のおにいさん

よっ!大辛口!男の中の男だっ!!(←リブルさんが買った酒、笑)
リブルさん~楽しい時間をありがとうございましたぁ♪
これに懲りずにまた~遊んでやってねぇ^^

投稿: れれちゃん | 2006.11.20 23:16

リブルさん、こんばんは。ロン毛のゴン太です(笑)。

楽しい一日を、こちらこそどうもありがとうございました。遅くまでお引き留めしちゃって申し訳なかったけれど、山の後の楽しい宴でした。

南東尾根のこと古い資料まで調べてくださってありがとうございます。そうそう、ずいぶん歩き込まれた古い道という感じの道形でした。あんまりしっかりした道だったので、途中から気を抜いて下ったら林道に降りちゃって...(笑)。

またどこかでお会いできることを楽しみにしています♪

投稿: ゴン太 | 2006.11.21 19:03

れれちゃん、こんばんは。

そうです。滝子山の指導標は見なかったことにしたいのですが、あんなに思いっきりコースを外れているのに当日まったく気づかなかったのは、笹一に思いが行っていたから(笑)?かも。

滝子山の南稜の入口を通過したとき、すっかりお酒の話で盛り上がっていた(笑)けど、いくらなんでもあそこで気づくべきでしたが、果実酒の話に夢中でしたよね(大笑)。

お花のない季節は、れれちゃんどんな感じで歩いているのかなぁ、と思っていたんですが、今回いっしょに歩かせてもらって、なるほどねー、という感じでした。

あんなのんびりペースでいいのなら、また機会つくって、できの悪い生徒にいろいろ教えてやってください。

投稿: ゴン太 | 2006.11.21 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96617/12749207

この記事へのトラックバック一覧です: 【冬枯れと紅葉と... お坊山のんびりハイク】:

« 【源次郎岳キリガ尾根から嵯峨塩鉱泉】 山バス情報47 | トップページ | 【へっぽこRFで迷走 水野田山から棚横手】 »