« 【榛名山でホワイト・クリスマス?】 山バス情報22 | トップページ | 【兜山から岩堂峠・積翠寺】 山バス情報24 »

2006.01.04

【新春も雪を踏みしめて...ボッコの頭】 山バス情報23

あけましておめでとうございます

IMGP1020

歩き初めは前々から行きたいと思っていた大沢山~大洞山。
エアリアでもずっと赤線が入らないままですが、稜線はかなりしっかりした道が通っていました。
今回も前回に続きスノーハイクも楽しめました。

IMGP0987


【山行日】2006年1月3日(火)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
新宿  05:18 - 06:13 高尾  (中央線)
高尾  06:14 - 07:06 笹子  (中央線)

「歩行」
笹子駅 07:10 - 08:15 送電線鉄塔
送電線鉄塔 08:20 - 08:55 944m圏鉄塔
944m圏鉄塔 08:55 - 09:15 1059mの先の緩斜面
1059mの先の緩斜面 09:35 - 10:40 大沢山
大沢山 11:00 - 11:45 ボッコの頭
ボッコの頭 12:15 -12:55 摺針峠
摺針峠 13:00 - 13:20 大洞山(△1402.6m)
大洞山 13:40 - 13:50 カヤノキビラの頭(1411m峰)
カヤノキビラの頭 13:55 - 14:45 中尾根の頭(1278m峰)
中尾根の頭 14:50 - 15:15 笹子峠
笹子峠 15:20 - 17:50 甲斐大和駅

「鉄道」
甲斐大和 18:07 - 19:09 高尾 (中央線)
高尾   19:10 - 20:00 新宿 (中央線)

IMGP1004


うーん、ひさびさにたくさん歩きました。一日で(休憩をいれてですが)10時間以上も歩いたのは何年ぶり?という感じで、最後は膝にキテしまい、つらかった(笑)です。

笹子峠から素直に笹子ではなくわざわざ甲斐大和へ降りたのは、日影集落をみたかったから。陽がとっぷり暮れてからの到着で、その集落のよさを写真でお伝えできず残念ですが、旧甲州街道の面影を残す建物などがまだあって、次回は陽の高いうちに訪れてみたいと考えています。

登山道は最初の取りつきで少しまごつき、隣の尾根に取り付いてしまったようで、899m圏に着くと左手から明瞭な道が上がってきていました。

稜線では踏み跡はいたって明瞭。時々灌木がうるさいところもありますが、ヤブこぎなど無く、尾根を忠実にたどれて、ある程度のRFができれば問題ない道だと思います。

標識は主だったピークや摺針峠などに立派なものが新設されていますが、要所の分岐などに道標があるわけではなく、とりわけカヤノキビラの頭から中尾根の頭に向かうときに大きく北へ進路を変える地点など道標はなく、コンパスと地形図が必要です。

IMGP1024

留意点は尾根をはずさないこと。巻き道のような気の利いたものはひとつとしてありません。カヤノキビラの頭から降りてすぐ、巻き道のように見える道があって辿ってみたのですが、歩きにくいことこの上なく、おまけに途中で道が消えて、尾根に這い上がり直す羽目になりました。楽をしようと考えると痛い目にあいます(笑)。

それにしても、”静かなる尾根歩き”そのもの。山中では誰とも会いませんでした。

積雪は北面や、1000m以上の稜線には積もっていましたが、アイゼン・スパッツを装着するほどでもなく、深いところでも10cmぐらいでした。

残念だったのは展望。南アの展望を期待していったのですが、この日は南アどころか、富士山も見えませんでした。幸い大菩薩連嶺がきれいに見えましたが、ここまできたらやはり南アが見たい...

IMGP1011

初めての訪問でしたが、このコースは季節を変えて再訪したいとおもう好い山道でした。特に気に入ったのはボッコの頭。ここでお昼にして本当に良かったです。

IMGP1007


【ちょこっと山バス情報】
今回は電車だけでバスは使用しませんでしたが...大和村から甲州市に合併したものの、(旧村営)バスは従来通り走っているようです。

IMGP1040

☆☆☆ この山行のレポートはこちらです ☆☆☆



☆☆☆ お知らせ ☆☆☆

このブログにまたまた新しいリンク先ができました。
おしり道下さんのブログ です。
富士急大月営業所の情報は少なく、貴重な情報源となりそうです。先日も年末年始のダイヤを細かくフォローしてくださったりと、ありがたいサイトです。

|

« 【榛名山でホワイト・クリスマス?】 山バス情報22 | トップページ | 【兜山から岩堂峠・積翠寺】 山バス情報24 »

コメント

こんばんわ。
新しい道標、八丁山やその先の送電塔ピークでは見かけましたが、笹子峠までの整備の一環だったんですね!

この辺りは雑木林も多く、静かで良い所だと思います。エアリアもせめて赤破線ぐらいにして欲しいです。そうなった所でハイカーが増えるとは思えないし(笑)。

でも、こおやって徐々にながらも整備が進んでいるということは、達沢山の方も含めて将来的にはもっと歩きやすくなるのでしょうね。

とにかく長丁場お疲れ様でした。私も一度歩いた事があるけど、笹子峠から駅までが本当に遠くて参りました。

投稿: komado | 2006.01.10 19:25

komadoさん、こんばんは。

ホント、赤の実線とはいわないけれど、破線なら描いて全然問題ないというほど、しっかりした道でした。

初めて、このコース歩いたのですが、次回は葉のある時期、できれば新緑か紅葉の時に再び訪れてみたいな〜と思わせる好いコースで、すっかり気に入りました。

新しい道標、上の写真の案内によれば、笹子峠から清八峠を整備するにあたり作ったようですけど、komadoさんのところの掲示板でお見かけした「長峰」のやつとあきらかに同種ですよね〜。

ここんとこ、ずっと山梨の山ばかり歩いているのですが、どうもこの一連の道標、その分布状況からして、黒幕(笑)はやっぱり大月市なような気がしてます...

投稿: ゴン太 | 2006.01.11 21:44

> 「長峰」のやつとあきらかに同種ですよね〜。

はい、そうです。長峰分岐のは見ていないけど、牛ノ寝通りにもいくつかあるようで、登山道から外れている狩場山にも設置されていました。

ということで黒幕はやはり大月市の可能性が高いですね。というかゴン太さんがおっしゃられるまでまったく気がつきませんでした。牛ノ寝と御坂に同じようなのがあるけど。。。と今までずっと思っていたのです(笑)。

投稿: komado | 2006.01.13 22:04

清八山も牛の寝も大月市ってかんじしませんものね〜。

私も、昨春GWに大蔵高丸に行った際に、大月市の指導員の方(笑)からいただいた「大月観光マップ」を見ていなければ、気がつかなかったと思います。

大月市って、その市境界尾根にずいぶんいろんな山々があって、権現山の肩〜鶴ヶ鳥屋山まで、ひと筆書きできるってことをその「大月観光マップ」で知ったのです。

この「観光マップ」、もちろん、かの寂ショウ尾根は影も形もないのですが、楢の木尾根や、宮地山/セイメイバンなどには赤の実線が引かれております...

投稿: ゴン太 | 2006.01.14 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96617/7994354

この記事へのトラックバック一覧です: 【新春も雪を踏みしめて...ボッコの頭】 山バス情報23:

« 【榛名山でホワイト・クリスマス?】 山バス情報22 | トップページ | 【兜山から岩堂峠・積翠寺】 山バス情報24 »