2020.11.03

【GW以来の不要不急の外出…青梅丘陵へ】

 

Oume_kyuryo0064

(山というほどのところでもないけれど、山のお花も見られた)

【山行日】 2020年11月1日 (日)

【使用公共交通機関の詳細】

「鉄道」
八高線某駅  - 08:20 拝島 (JR八高線)
拝島   08:27 - 08:44 青梅 (JR特別快速おくたま3号奥多摩行き)

「歩行」
青梅駅  08:50 - 09:58 矢倉台
矢倉台  10:15 - 11:05 三方山
三方山  11:10 - 12:25 雷電山
雷電山  14:10 - 14:56 軍畑駅

「鉄道」
軍畑 15:01 - 15:11 青梅 (JR青梅線 3分ほど遅延
青梅 15:12 - 15:45 立川 (JR青梅線  遅延
立川 15:49 - 中央線某駅 (JR中央線)

【地形図】 「武蔵御岳」

 

Oume_kyuryo0077

 

 外出自粛要請したかと思えば、GO TOをアピール、その中で都民はウイルスの運び屋のように扱われ…と山を趣味とする人には苦難の日々でしたが、私の方はどちらかというと普段の山サボり癖の格好の言い訳が出来たような感じで、今年一年は棒に振って、無線に専念、とモールスの練習に励んでいたりしたのですが、やはり無線熱はいつも通り(笑)長続きしなくなってきました。

 そんな中、気分も塞ぎがちになって、ちょっとこのままだとメンタルの面でヤバいことになっちゃいそうな気もしてきまして、前週は小宮公園を約1年ぶりに再訪してみたのですが、昼過ぎから出掛けて、明るいうちに家にUターンしてしまいましたので、ウォーキングというほどのこともなく、記事はアップしませんでした。

 今回は、いちおう山という名前のついたところですし、行き帰りに公共交通機関も使用しましたので、こちらに奥多摩カテゴリーでアップすることにしました(帰りの軍畑駅は高水三山の登山口でもありますので…(笑))。

 雷電山は実はこのブログを始める2年前の2002年3月に登ったことがあります。確かアマチュア無線の免許を取って間もない頃のことで無線機を持って出掛けたのですが、軍畑から雷電山へ登ったはよかったものの、暴風と花粉症のピーク時で、鼻が詰まって苦しく、三方山から石神前分岐まで来たところでたまらずに退散することになりまして、今回はその時のリベンジ(青梅丘陵ほどのところにリベンジもなにも無いかも知れませんが)ということで、青梅駅から逆に歩くことにしました。

 久々の登山靴。。。家を出るとき何か忘れ物をしてる気がしていたのですが、それがプロトレック(時計)と気づいたのは、八高線某駅を目の前にして時刻を気にしたときのことでした(笑)。 しかし、今日のところは高度計が必要になる場面も無さそうですし、時計はデジカメにもついています。携帯にも時計が入っていますので、まぁ、いいか…と戻らずに、そのまま来た電車に乗って、拝島へ。拝島駅ではちょうどホリデー快速が入線するところで、これに乗って青梅まで行くことにしました。

 

Oume_kyuryo0001

 

 車内はほぼ席は埋まっていて、山の話も聞こえてきます。皆さん結構山へ出掛けているのだなぁ…と、少し安心というか、嬉しい気持ちになりました。 

 青梅駅で下車して、東青梅方面へ戻るような感じでしばらく歩くと「鉄道公園・永山公園」の標識が見えて、左折して線路を橋で渡る感じになります。青梅鉄道公園は、その昔、小学生時代に遠足か社会科見学で訪れたことがあるはずなのですが、建物が随分小さい印象を今回受けました。たぶん、当時小学生だった私の目線からは建物が大きく見えたのでしょう。

Oume_kyuryo0009

 

 青梅鉄道公園からハイキングコースが始まりますが、入口には案の定、コロナに関する標識があり、園内での飲食はしないようになどの注意書きもあります。最初はコンクリートの舗装道路を歩かされます。右脇に尾根に沿った土の径もあるにはあるのですがすぐにコンクリート道路に合流してしまうようです。

 まもなく、未舗装の林道のような感じの道になりますので、まぁ、ウォーミングアップみたいなものと観念して、舗装道を歩く方が好いのでしょう。

で、この先、最初の休憩地点とした矢倉台まで4つの休憩所が尾根の上にあるのですが、すべて上がってみたところ、第1休憩所は明るく展望も北東方面が開けていて好印象でした。(おそらくですが、無線をやるにもここが一番電波が飛ぶ感じがしました。)空気が澄んでいれば筑波山も見えるらしいのですが、この日は前日ほど空気の透明度が無い感じで見ることは出来ませんでした。

Oume_kyuryo0029

(第1展望台から筑波山方面を望む)

 

 第2、第3休憩所よりは展望のある第4休憩所を過ぎてしばらくで矢倉台です。その名のとおり、この先の辛垣城(からかいじょう)を守るためにここに櫓を設置していたと言うことらしく、現在でも東の方に少し展望があります。立派な屋根の東屋とベンチがあり、ここでひと息入れることにしました。

 休憩後、18年前にも登った三角点のある三方山を目指します。道は山径らしくなってきますが、残念ながら植林も多く、それほど楽しい道のりとは言えません。たまに山のお花も見かけて、それが少し慰めになる感じです。

 

Oume_kyuryo0066

(9ヶ月ぶりの三角点タッチ)

 少しずつ傾斜が急になってきて、三方山への登りはそこそこの登りになります。しかし、三方山の標識は小さく目立たないためか、皆さんこの山頂へは上がって来ず、巻き径をそのまま直進するようです。5分ほど山頂にいてお茶も飲んでいたのですが、話し声は聞こえたものの、山頂は私一人だけでした。もっとも、三角点があるものの、まったく展望も無く、面白味の無い山頂で、上がってくる価値もそれほど無いかも知れません。ただ、私にとっては、2月2日以来約9ヶ月ぶりの三角点タッチでしたので、それなりの意味はありました(笑)。
 
 三方山から10分ほどのところに「ノスゾウ峠」の標識が見つかりますが、ここはもちろん、名郷峠とは違います。おそらくすぐ北まで伸びている林道に下りる道ではないかと推測していますが「成木八丁目バス停」との標識もあります(しかしながらこの方面のバスは夕方は数えるほどしか無いと記憶しています)。

Oume_kyuryo0070  

 その先は「企業の森・ネットトヨタ多摩」の標識や「共生・協働の森(成木)」等の標識が現れますが、自然林が保護されているというということではなくて、スギやヒノキの他に広葉樹も植樹したということのようです。実際、スギヒノキの植林が目につきました。

 送電鉄塔の先でそれほど下ったという感じも無く名郷峠。御神水という標識があって何本ものペットボトルが置かれていました。石で築いた塚の上に祠があり小さな鳥居もあります。無病息災を祈って手を合わせました。

 

Oume_kyuryo0085

 

 辛垣城跡への登りがこの日の最高の急登だった気がします。入口に急坂と表示され、500m先で本道と合流するとあります。眺めも無く、城跡とわかるのはほんのわずかな痕跡だけですので、無理して登らずに巻いてしまってもいいような気もします。

 城跡の先で「辛垣山456.8m」の標識が見つかりますが、ここは三角点があるわけでも無さそうで、私の手持ちの地形図にも記号はありません。城跡から大きく下って大きく登り返します。登り切ったところにある標識は来た方向を指して「辛垣城跡・青梅駅」、左手の進行方向を指して「軍畑駅・榎峠」とあるので、ここが雷電山?と勘違いしてしまうかも知れませんが、指導標をよく見ると「←雷電山15分」という可愛らしい標識が見つかり、まだ先だとわかります。このあたりは地形図のような登山道とはなっていません(雷電山の先も地形図破線とは異なります)し、進む方角もハテナ?な感じになるかも知れません。

 

Oume_kyuryo0091

 

(小さな標識に雷電山はこの先と書かれています)

 10分強で雷電山に到着。12:30近い時間ですが、誰もおらず、この隙に…と無線機を取り出し430をワッチすると記念局がCQを出していたので、とりあえず一局交信。このまま他のバンドで運用してしまおうか…とも思ったのですが、ハイカーが上がってきたので、この狭い山頂ではちょっとなぁ、という感じで自重。おにぎりタイムにしてのんびり休憩することにしました。

 ゆっくりランチタイムとしてお茶を沸かしたりしているうちに、再び無人になったので、1200をワッチ。すぐに交信できたのですが、あと2局でアワードなので、CQを自分で出してすぐに済ませるつもりが、結構呼ばれてしまって話も弾み、計6局交信したところで、時間も14:00過ぎだしということで下山することに。。。

 

Oume_kyuryo0102

(植林の急坂を下山)

 榎峠までの登山道はこんなに急だったっけ?というぐらい急な階段状の径が続きましたが、ゆっくり下ってもそれほど長くもなく、すぐに車道に着く感じでした。あとは車道を軍畑駅まで歩くだけ。時刻は調べてこなかったのですが、軍畑駅にはほぼ、ドンピシャで着く形になってしまい、トイレに行く暇も無いか…と思ったのですが、アナウンスで5分ほど遅れていると判り、トイレに寄ってから駅前の酒屋さんでビールを調達することも出来ました。

 やって来た青梅行きは4両編成で立ち客も出るほどの満員状態。しかし青梅駅では乗換乗車してから、前の方の車両に移れば、ガラガラの状態、というのは、もう何年も青梅線を利用していてよくわかっていますから、ガラガラの3両目でビールを空けてのんびり帰途に着いたのでした。

 

| | コメント (10)

2020.04.29

【外出自粛要請の中で…腰痛からの脱却など】

 

Youtsuu0004

 私のようなアクティビティの下がりまくった者が言うのもナンですが、山歩きが趣味だと、ちょっとつらい状況です。
 
 家で塞ぎ込んでいなさいとは言っていないけれど、家でじっとしているとやっぱり気分は塞ぎがちになりますよね。。。
で、日曜日は陽差しも強く暖かかった(暑かった)こともあって、近所を軽く散歩してはみたのですが、昼間だと結構人が多くて、コレもちょっとなぁ…という感じでした。

Hirayama_naganuma0023 (近所でも山のお花が少し見られた…)

 

 ただ、身体を動かさない期間があまりに長くなると、いざ、再開という時になって身体が言うことを聞かなかったら、コレもまた厄介なものです。

 言い訳じみますけれど、実は昨年の山行きアクティビティの著しい低下の原因、これが私の場合、腰痛でした。仕事柄、腰を痛めやすいのですが、昨年はあまりにしつこく長期間に及んでいたので、内臓の病気まで疑ったほどでしたが、きちんと検査してもらって、やはり筋肉の問題と判り、お医者さんの奨めもあって、ストレッチをするようにしたら、だいぶ軽減してくれました。

 そんななか、図書館でこんな本に出会って、試してみたところ、この中の登山に使う筋肉のストレッチが、存外、腰の痛みの軽減に役立ってくれて、実に久しぶりに、一冊たりとも買わないと決めていた本を買ってしまったほどです。

 

Youtsuu0005

 

 この本の中で述べられていることのひとつに、登山をひと月に二回ほどずっと続けている人でも、筋力というのは加齢に従って、どんどん落ちていってしまうという、けっこう衝撃的な指摘があり、私の中ではひと月に1回でも山を歩いていれば、筋力は衰えないと思い込んでいただけに、いろいろな意味で勉強になる一冊でした。

 山をやっている方の中には私のように腰痛を患っている方も結構多いと聞きますので、こんな記事でも、少し参考になれば嬉しいと思い、久しぶりの更新をすることにしました。

 この本の中には、ストレッチだけでなく、スクワットなどの筋力強化トレーニングの方法も紹介されていて、自分はこれまで、ストレッチだけでもサボってしまったり(サボると腰痛が再発したりします(笑))していたのですが、来たるべき日に向け、ストレッチだけでなく、筋肉強化の方も少しずつ付け足していかないとな…、というふうに考えています。

 

 私の場合、アマチュア無線の趣味など、室内でも出来る趣味もあるので、引きこもろうと思えばいくらでも引きこもれるのですが(笑)、やはり陽の光を浴びて身体を動かすことが身体にとっては一番好いことだと思いますので、そっと出掛けちゃって、黙って記事もアップしないでおこうかな…なんてことも考えてしまうのですが、ここまでグローバルな危機状況だと、今はじっと我慢しかないと思い直して自重しています。  自分が無症状の感染者ではないという証拠はありませんから。。。

Youtsuu0002_20200429162101

 日曜日散歩から帰ってきて、ちょっと思いついて、久々に若い頃聞いていたレコードを聴き直してみたら、コレがなかなか好かったので、自分なりの楽しみと言うことで、GWは昔聴いたロックを聴いてノスタルジーにでも浸ろうかな…なんて計画しています。

Youtsuu0007

 あと、いい機会なので、山でのごはん作りも、お家で少し練習してみようか…なんて、欲張りすぎかも知れないけれど、ちょっと考えています。何回か作ってみないと味も確認できないし、いざ山でやろうと思っても、手順を忘れてしまっていたりするんですよね、山ごはんて。

 

| | コメント (8)

2020.03.21

『山と無線 … わずか1ワットの電波』

 

Yama_musen0007

 

 この連休はとても好い天気ですね。皆さん、さすがにどこかへお出掛けのことと思いますが、私は、外出自粛要請がなくとも、ちょうど花粉のピークで、しかも給料日前ということで、家でこうしてインチキな記事を捏造しています。

 最近の私の山行は、無線の山岳移動運用に重心が移っていて、無線に興味のない方には面白くないかな、と思っているのですが、今日は、何故、山にまで来て無線をやりたがるのか、について、少し書いてみたいと思います。

 いちおう、無線のサイトもあるのですが、そちらのサイトは無線の知識が十分にある方にしか理解できないような用語を説明無しに使って書いていますので、無線に興味のない方にはおそらく「ちんぷんかんぷん」で、普通に山を楽しまれている方には理解不能でしょう。

 

 まず手始めに、よく訊かれる質問 「アマチュア無線の電波ってどのくらい飛ぶの?」 ということから言いますと、放送局の電波の千分の一とか一万分の一といった微弱な電力しか使えない我々アマチュア無線の電波ですが、これが、ほぼ無限に遠くまで届きうるのです。もちろん、電波の形式や周波数といったもの、季節、時間帯、電離層の状態、太陽黒点数など、様々な条件に依るのですが、うまくいくと、たったの5ワットの超微弱電波でも、ヨーロッパやニュージーランドのように8000kmも離れたところと交信できてしまいます(電波が届いてしまいます=実際にこんな私でも自宅で交信経験があるのです!)。

 そして、アンテナ設備などを増強すればの話なのですが、月面反射を利用した交信も可能なのです(私はやったことがありませんが、ごく一部のアマチュア無線家の方は実際に月面反射を利用した通信に成功しています)。

 

 放送局の電波、たとえばエフエム横浜(84.7MHz:実は丹沢大山から電波が発射されています)の送信電力が5キロワット=5000ワット、JOQR文化放送(1134kHz)が100キロワット(10万ワット)なのに対して、我々アマチュア無線家が移動先で出せる電波となると、50ワットが最大なのです。つまりエフエム横浜の百分の一の電波の強さです。

 そしてなんと、山で移動運用している人たちが使っているハンディ機と呼ばれる無線機となると5ワットが最大出力ながら、実際の運用は1ワットかせいぜい2ワットなのです。私が普段使っているのは1ワットですから文化放送の10万分の1、エフエム横浜の5千分の1の電力で楽しんでいるというわけです。

 

 山でよく見かける、片手で持てる程度の小さな無線機は、ほとんどが144MHzや430MHzといったUHF帯(エフエム放送や旧アナログテレビ放送と同じぐらいの周波数)の電波のうちFMという単一電波形式しか出せないのですが、VHFとかUHF帯の電波というのは通常は「見通し距離にしか」届きません
 外国のテレビが日本で映ってしまったり、外国のFM放送が聞こえたりすることが滅多にない(実際は特殊電波伝搬で稀にあるのですが…)のはこの周波数帯の電波の性質があるためです。
 
Yama_musen0003 (ハンディ機と呼ばれる無線機)

 

 山で何故電波を出すのか、と言うと、まさに、その見通し距離が格段に拡大するからです。実際山から出た電波を自宅の無線機で受信しますと、体感で10倍以上強くなっている感じです。実際何度か山から電波を出してみた経験でも、本当に劇的に違ってくるのがよくわかります。 

 たとえば、ハンディ機を近くの街中で1ワットで使ってみると判るのですが、市内か、せいぜい隣の市町村と交信するのが好いところです。しかし山梨県の山の上などとなると、100km以上離れた東京や千葉、埼玉、栃木、茨城等の関東圏だけでなく、長野県やうまくいくと東北とも楽々交信できてしまったりして、これはやってみると本当に面白いのです。殊に山の上同士だとその電波伝播は驚くべきほどで、私は鳳凰三山でハンディ機に付属の小さアンテナだけで蔵王の山の運用局と交信したことがあります。

 どこら辺まで飛ぶのですか? それが私自身もどこまで飛ぶのか全くわからないのです。どこまで飛ぶか判っていたら、こんなことをやりはしません。どこまで飛ぶのか判らないから面白いのです。
 
 とまあ、そんなわけで、子ども時代にBCL(海外放送聴取の趣味)で電波の伝わり方に興味を持ったのが原点ではありますが、未だにそのおもしろさから抜け出せずに、無線機やアンテナを工夫してみたら、どうだろうか…、と山に行っては周囲の登山者の白い目にびくびくしながら電波を出しているという訳なのです。

 

 いちおう、わたしとしては、最近知ったSOTAというアワードが山頂付近で4局交信したらエントリーできると言うこともあって、4局交信したら無線運用をやめるようにはしているのですが、場所と時間帯によっては呼ばれ続けてしまって、なかなかやめることが出来ないような状況になることもあり、そこら辺でトラブルにならなければいいな、と思っています。

 ちなみに無線の交信ですが、どうやって成り立つのか、といいますと、呼びかけをする人と、それを聴いてその呼びかけに応じる人がいて、お互いの電波がお互いの無線機で受信できると交信が成立します。呼びかけはCQと言って、「CQ(シーキュー)、CQ、こちらはJI1BJK。どちらかお相手くださる局、いらっしゃいましたらコールください」のように呼びかけ、それに対し、「JI1BJK、こちらは7N4SVO。とれましたら交信お願いします」のように応答します。

 もちろん、自分がCQを出したときに誰も無線をやっていなければ、ずっと応答がないままですが、ピークの130万局から今は3分の1の40万局まで減ってしまったとはいえ、日本はアマチュア無線局が40万局もあるのですから、週末の144MHzや430MHzは聴いている人が必ずいます。聴いていても応答しない人の方が実際には多く、CQが空振り続きだと、かわいそうに思った人が声をかけてくださったりします。

 アマチュア無線をやるには国家試験を受けて合格し、合格したあとに、無線機を入手して、開局申請をして、認可されたあと初めて電波を出すことが出来ます。開局が認可されると世界にたったひとつのコールサインが付与され(私の場合はJI1BJK:文化放送のJOQRも世界にたったひとつのコールサイン)、この識別信号と呼ばれるコールサイン無しに運用すると違法になります。
 はっきり言ってしまうと、よく無線と聞いて思い浮かべるイメージの筆頭=ダンプの運ちゃんたちは、ほぼ99%違法局です。

 合法局のなかにも、山頂付近で大声で長時間話している無神経な人もいたりして、迷惑だなと感じることもあるかも知れませんが、たいていの山岳運用のアマチュア無線家は周囲のことを気にしながら運用しているので、少し静かにして欲しい場合などは、紙に書いたメモなどを渡してくだされば程なく運用を中止するか、静かに話してくれると思います。お互いに何とかうまくやっていきたいと思っていますので、このあたりご理解いただければと思っています。

 以上、長々と書きましたが、やはり解りにくかったでしょうか? もしご質問などありましたら、コメント欄の方へ書き込んで下さると嬉しいです。こんなこと訊いたら…なんて遠慮は不要です。ご意見などもありましたら、謙虚に伺いたいと思っておりますのでそちらの方もどうぞ。

 

| | コメント (4)

«【また無線で…大岳山から御岳山】 山バス情報181